日本三大七夕祭りのひとつにも数えられている、『湘南ひらつか七夕まつり』の
歴史は、戦後まで遡ることが出来る。 第二次世界大戦中、平塚市には海軍
火薬廠があったため、1945年7月の空襲で平塚市街は焦土と化し、終戦後の
1950年7月に初めて復興まつりが開催された。 その後、平塚商工会議所、
および、平塚市商店街連合会が中心となり、仙台七夕まつりを模範とした
第1回『平塚七夕まつり』が1951年7月に開催された。

IMG_5727
IMG_5728
IMG_5729
IMG_5730
IMG_5731
IMG_5733
IMG_5735
IMG_5736
IMG_5738
IMG_5739
IMG_5742
IMG_5745

その後、回数を重ねるごとに規模が拡大して行き、平塚七夕は、日本でも指折りの
規模の七夕祭りに発展した。 『日本三大七夕祭り』は、仙台七夕、平塚七夕と
愛知県の安城七夕、あるいは、同じ愛知県の一宮七夕とされているが、関東では、
この他にも、『関東三大七夕祭り』という括りがあり、平塚七夕、茂原七夕、
入間川七夕がその括りとされている。

仙台七夕の吹流しは、全て和紙で制作されているが、その他の七夕は、折り紙や
通常の紙を使用しているため、見た目が大きく異なる。 尚、仙台七夕の吹流しは、
開催の数ヶ月も前から制作を開始し、1本数十万~数百万円も掛けて制作している。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村