カザフスタンの人口は、約1680万人で、そのうち、この国の名に由来するカザフ人
(チュルク系の言語を話し、イスラム教スンニ派を信仰)の占める割合は、約40%に
過ぎない。 また、スラブ系民族に属するロシア人は、人口の38%を占めており、
カザフスタン人とほぼ同じ割合である。

Kazakhstan

主な少数民族としては、ドイツ人6%、ウクライナ人5%が挙げられるが、その他にも
タタール人、ウズベク人、ウイグル人、ベラルーシ人、朝鮮人も住んでいる。
カザフ人と言うのは、トルコ系とモンゴル系の両民族の血を引いている。
『カザフ』という言葉が使われるようになったのは、16世紀である。 17世紀に
なると、カザフ民族は、3つの独立した集団に分離し、互いにしばしば対立し、
また、モンゴル系の部族とも争いを繰り返した。 彼らは、19世紀まで主に
遊牧民として生活をしていた。

1822年以来、カザフ人の住む地域は、ロシアに占領されていた。 1873年に併合
された後、1880年代を中心に、ロシア人の入植が始まった。 1916年には、皇帝
支配に抵抗して、暴動が起こったが、流血のうちに鎮圧された。 1917年のロシア
革命後の数年間、カザフスタンは、内乱の舞台となったが、ボリシェビキの勝利に
終わった。

1920年、キルギス自治共和国がロシア共和国内の自治共和国として設立された。
当時、キルギスという言葉は、カザフと混同して使われた。 1926年には、カザフ
自治共和国と改称し、更に、1936年には、ソ連構成の一共和国に昇格した。

その中でソビエト化や集団化の政策は暴力をも辞さずに推進された。 1941年には
数十万人のロシアに住むドイツ人が、強制的にカザフスタンに移住させられた。
1954年、新しく開拓地を広げる運動が起こったが、結果的には、ますます多くの
ロシア人入植者をもたらしただけであった。

82BFE3838A

1985年からの、ゴルバチョフのペレストロイカ(改革)の気運の中、1986年に
反ロシア抵抗運動が初めて起こった。 1990年10月25日にカザフスタンは、主権
宣言を採択し、翌1991年12月16日に独立宣言を採択した。 同年12月21日は、
独立国家共同体(CIS)に加盟。 この国家連合は、まだ創立後間もなく、形態が
定まっていなかったのだが、その加盟国の中でカザフスタンは、際立った存在で
ある。

非スラブ系の共和国の中で、核兵器を所有するのは、カザフスタンのみで、国内
では、カザフ民族とカザフ以外の多民族の間の緊張が高まっている。 また、
ロシアとの国境問題もある。

【お勧めの一冊】


>>トップーページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村