フォーブスがまとめた2016年度の『世界で最も影響力のある人物』ランキングは、
4年連続でロシアのウラジーミル・プーチン大統領が1位となった。 このランキング
では、世界各国の候補数100名を、影響力を及ぼす人数、経済的資源、分野の数、
そして影響力を実際に行使しているか否かという4つの基準で順位付けし、その
平均値が高い順に、世界人口約74億人の1億分の1に当たる74人を選出した。

1. ウラジーミル・プーチン(ロシア、64歳)
2. ドナルド・トランプ(アメリカ、70歳)
3. アンゲラ・メルケル(ドイツ、62歳)
4. 習 近平(中国、63歳)
5. フランシスコ法王(ローマ・カトリック教会、79歳)
6. ジャネット・イエレン(アメリカ、70歳)
7. ビル・ゲイツ(ビル&メリンダ・ゲイツ財団、61歳)
8. ラリー・ペイジ(アルファベット、43歳)
9. ナレンドラ・モディ(インド、66歳)
10. マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック、32歳)

370559931

プーチン氏は、本国ロシアばかりではなく、ヨーロッパやアメリカなどでも多大な
影響力を発揮しており、2016年末には、日本にも来日した。 ずば抜けた
カリスマ性とその政治力により、近年世界中でその影響力を増大させている。
アメリカのユダヤ財閥と戦う唯一の人物とも言われており、今後もその動向から
目が離せない。 

42410170615

第2位は、米大統領選でヒラリー・クリントンに対し、圧倒的な勝利を収めた
ドナルド・トランプ氏。 トランプ氏の個人資産総額は数十億ドルに上り、
2017年1月からは、総資産が10億ドルを超える初の米大統領となる予定。

cb2765zik4zj

第3位は、ランキング最上位の女性となったドイツのアンゲラ・メルケル首相。
EUやヨーロッパ各地ではかなりの影響力があるが、本国ドイツでは人気が
ないのが気になるところ。 来年の総選挙では4期目続投を目指す意向。

今回のラインキングでは、日本からは計4名がランク入りを果たした。 最上位は、
世界最大の自動車メーカー、トヨタ自動車の豊田章男社長の29位、安倍晋三首相の
37位、日本銀行の黒田東彦総裁の47位、ソフトバンクグループの孫正義社長の
53位となっている。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村