14世紀の終わりに、司祭ヤン・フスに率いられたボヘミアの宗教指導者グループが、
カトリック教会の権力と富に抗議した。 この活動が広まるのを恐れた教会の
指導者たちは、フスを捕らえ、1415年に処刑した。

彼の死は、ボヘミアに宗教的な内戦を引き起こし、フス派と呼ばれたフスの信者が、
スロバキアにまで入り込んで来た。 15世紀後半に、チェコの貴族ヤン・ジスカは
西スロバキアに侵入し、フス派の教義を伝えた。

16世紀はじめのドイツでも、フスの思想はローマ教会のあり方に抗議する考え方を
目覚めさせ、マルティン・ルターがカトリック教会から離脱して、ルーテル派教会を
確立した。 プロテスタントとして知られるルーテル派は、スロバキアの貴族や
都市部の人たちを改宗させた。 彼らの多くは、ハンガリーやドイツ人であった。
しかし、地方に住むほとんどのスロバキア人は、伝統的な宗教ローマ・カトリックの
信仰を守った。

luther500th

ちょうどその頃、新たな脅威がハンガリーや中央ヨーロッパ全体を襲っていた。
オスマン・トルコの軍隊が取るこの基地から出発して、ドナウ川流域を進軍し、
ハンガリーの首府であるブダ目指して侵入して来た。 1526年、ハンガリー国王
ラヨシュ2世は、ハンガリーの南の町、モハチでトルコ軍と戦った。 トルコ軍は、
ハンガリー軍を破り、ラヨシュは戦場から脱出の途中に戦死した。

ラヨシュの死で、トルコ軍はブダを征服し、ドナウ川の北までを占拠した。
東ハンガリー地方のトランシルバニアは、ハンガリーから独立した。 トルコの
侵略から守るために、西ハンガリーの人たちは、オーストリア皇帝
フェルディナントを国王に迎えた。 結果、強大なハプスブルグ王朝の一員である
フェルディナントは、ハプスブルグの支配をスロバキアやボヘミア王国へ広げた。

1535年にハンガリー議会は、トルコ軍からの侵入に備えて、ブダから
ブラチスラバへと移った。 多数のハンガリー貴族もまた、安全と独利のために、
更にトルコのスルタンから課せられる重税を逃れるために、ドナウ川の対岸へ
移り住んだ。 彼らは、トルコの支配から逃れたが、スロバキア人の多くは、
奴隷として拘束され、ハンガリー人の領地に残った。

【お勧めの一冊】



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村