ポルトガルは、ヨーロッパ大陸の南西の端、大西洋に面し、大陸を背にしている。
海洋国家として、漁業に、航海と探検に、幾世紀にも渡る盛衰の歴史を経て来た。
海岸線が長いため、侵略されやすく、そしてまた、人の往来も盛んで通商も栄えた
のである。

ローマ帝国による支配時代は、ルシタニアと呼ばれ、紀元前1世紀から紀元後
5世紀まで続いた。 その後、ポルトガルの領土は、ゲルマンとアラブの標的に
され、征服されてしまったが、12世紀になると、ポルトガル北部が独立した王国に
なった。 そして1世紀後、南部もその王国に加わったのである。

e227c65

国内を平和に治めると、王や諸侯たちは、冒険と貿易を求めて海洋に出て行った。
1400年代から1500年代に掛けて、ポルトガル人は、アフリカ、インド、アジアと
遠く航海の旅に出て、香料や絹、高価な石を持ち帰っては、ヨーロッパ市場で売り、
大儲けをしたのである。 貿易が盛んになると、植民地も出き、ポルトガルは、
南米大陸のブラジルからアジアの中国に至るまで、広大な帝国の一大中心となった。

活動を世界に広げて行ったが、国としては、その後数世紀の間、たいした変化も
なく、国内経済はもっぱら農業に頼っていた。 北部ではブドウを栽培し、小規模
ながら、家畜を飼った。 南部には大地主たちが居て、広い土地に穀物やオリーブ、
コルクを作った。 国家収入の大半は、植民地から吸い上げたもので、植民地との
輸出入貿易がなければ、当時のポルトガルは、なんとも貧しい国だったのである。

fportugal

19世紀初頭、ポルトガルの植民地の中で、最も豊かだったブラジルが独立を宣言、
ポルトガルはアフリカやアジアの植民地に一層頼るようになり、原材料をもらうと
同時に、作った品物を売りさばいた。 20世紀初めになると、情勢が更に変化し、
国内の民情不安と政治的混乱から王政は崩壊し、国王による統治に変わって、
1926年までには独裁政権が誕生した。

それから50年近くは、アントニオ・デ・オリベイラ・サルザールによる統治時代で、
検閲が厳しく、政治に反対することは認められなかった。 サルザール政権は、
農業、工業共開発努力を怠ったため、経済は衰退するばかりだった。 1960年代
から70年代に掛けては、植民地各地が独立に立ち上がった。 そして、70年代
半ばになると、ポルトガルの軍部までもが変化を求め、1974年、ついに無血
クーデターを起こしたのである。

クーデターから10年、ポルトガルは様々な政治、経済戦略で懸案を解決して行こうと
した。 例えば、アフリカ、アジアの植民地を切り捨てて、目をヨーロッパに向けて
投資と指導を求めて行った。 1986年、欧州共同体(EC)に加盟、西ヨーロッパ
経済体制に仲間入りした。 ECはグループ全体の利益になるような貿易政策を
取っているからだ。

ECは、ポルトガルに多額の資本を投入、それによって、EC内で最も貧しい国である
ポルトガルの農業と工業は近代化されて行くものと期待された。 しかし、
ポルトガル人の中には、過去のノスタルジアにひたり、ポルトガルのような小国が
果たして、他のECの豊かな大国と競争して生き残れるのだろうかと疑問に思って
いる人たちも居る。 こうした考え方の違いもあって、ポルトガルの将来はまだ
不安が残っている。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村