ブルガリアは、ヨーロッパ東南部バルカン半島にある人口約900万人の国である。
40年以上もの間、ブルガリアは、共産圏ブロックの一国で、ソビエト連邦と
密接な関係を結んでいた。 ブルガリア共産党は、農業と工業を国有化し、
反対党の存在を一切認めずに、国を支配していた。 1990年にブルガリア人は
共産党政権を終わらせて、新しい民主的な共和国を建設した。

ブルガリアは6世紀から7世紀に掛けてブルガール人が定住して成立した国で、
やがてバルカン半島で最も強大な国家となったが、14世紀後半になると、オスマン・
トルコ帝国がこの地域一体を征服した。 こうしてブルガリア人はトルコ人の
支配下に置かれた。 19世紀にオスマン帝国は弱体化し始め、1876年、
ブルガリアはロシアから軍隊や武器の支援を受けて、解放戦争を始めた。 以後、
トルコ人は、ヨーロッパから段階的に撤退して行き、ブルガリアは1908年に独立を
達成した。

klhg959

第二次世界大戦の終わった1945年、ソビエト連邦はブルガリアや、その他
いくつかのヨーロッパ東部の諸国に共産党政権を押し付けた。 ブルガリア
共産党が政権を握ってからは、ソビエトは、資金や原料を供給して、ブルガリア
経済の発展を支援した。 工業化が進められ、健康管理と教育を改善されて、
生活水準は少しずつ向上した。 ブルガリアは、1950年代から60年代に掛けて、
他の東ヨーロッパ諸国が共産党指導者に反抗するようになっても、変わらず
ソビエトの忠実な同盟国であり続けた。

しかし、経済問題と政治上の不安定が、ついにブルガリアの共産党政権を消滅
させた。 現在の政府は、中央集権型の経済を止めて、自由市場システムへと
移行したが、2010年のブルガリアのGDPは約448億ドルであり、日本の青森県と
ほぼ同じ経済規模である。 ブルガリア経済は1989年から劇的に縮小した。 特に
ソビエト連邦を中心とした東欧の市場を喪失したことは大きな打撃となり、生活
水準は1989年以前の約40%にまで落ち込んだ。

310026

さらに、ユーゴスラビアに対しての国連の経済制裁は経済に更なる打撃を与えた。
1994年には、国内総生産の成長と共にインフレーションを抑制するなど、回復の
兆しを見せたが、1996年には貧弱な経済改革や、不安定な銀行システムにより再び
悪化し、金融危機に陥った。 1997年以来政府は、2007年に向けてマクロ経済の
安定と、国内総生産の毎年4~5%台の成長、欧州連合 (EU) への加盟を表明した。
その後、2007年1月1日に、ブルガリアはEUに正式に加盟した。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村