現代社会では、『経済格差』が深刻な社会問題になっているが、その格差社会の
主な原因として、まず、雇用が非常に不安定な派遣規社員やフリーター、いわゆる、
非正規雇用労働者の数ばかりが年々増大していることをあげることが出きる。

2015年11月には、非正規で働く人達の割合が、初めて40%を超えたが、これは
単なる全国平均であり、経団連に参加している主な大手企業に限って言うと、既に
70%程度が派遣社員ばかりとなっており、正社員は、管理職のみという状況も既に
全く珍しくはない。 

sujidemir

派遣社員や非正規社員は、企業側にとっては、便利で都合の良い社会の歯車で
しななく、交通費やボーナス、挙句の果てには、昇給すら一切ないため、正社員との
経済的な格差が広がるばかりである。 また、非正規雇用の身分のままでは、
年齢が高くなるほど正社員への転換が難しいと言われており、アベノミクスで
仕事が増えたと言っているのは、実際は、この非正規での雇用のみにほぼ限定
されている。 

jYbzvXlg

この格差社会の問題点とは、所得格差の固定化、セーフティネットのあり方、
高所得者と低所得者の階層の固定化がある。 派遣社員や非正規社員の給与の
実態は、月収で20万円を割り込む人が多く、厳しい給与で働いている人ばかりが
増え続けた結果、消費が落ち込み、経済が回らなくなった。 低所得で生活を
している場合は、寝る間も惜しんでダブルワークやトリプルワークで務めている人も
多いため、近年の関東の電車の車内やホームのベンチで、あられもない姿で寝崩れて
いる人がめっきりと多くなった。

派遣社員の主なデメリットは、正社員とは違い、働く期間が決まっている事や、
働く企業の都合で解雇させられてしまう安定感の無さが常に付きまとい、いつ解雇
させられてしまうのかといった不安が絶えない。 派遣社員と正社員の差は大きく、
年収はもちろん、雇用の安定性、社員からの扱いも含め、派遣社員を取り巻く環境は
年々厳しくなっている。

【正社員とそれ以外の年収の比較】
20160525134701

ブラック企業の正社員に比べると、派遣社員は残業や責任も少なく、サービス
残業もないため、気楽であるのは確かなのだが、やはり、長期的な目線で考えると、
圧倒的に派遣社員は不利となっている。 派遣社員は派遣会社にかなりの割合の
中間マージンを取られており、恒久的な時給アップは事実上不可能。 また、
いくらでも代わりがいるため、無理に賃金アップを要求すると、即契約打ち切り
となる。

派遣社員から正社員になれるケースは、極々稀な場合にのみ限られ、実際には、
ほぼその可能性はないと言って間違いはない。 派遣社員を正社員にするため
には、派遣会社に雇用料金を払わなければならず、それであれば、新入社員を
雇った方が安上がりということになるため、非正規での派遣労働には余り期待を
するだけ無駄だと言えるのかも知れない。 尚、派遣社員として働いている人の
約40%程度が、正社員になれないため、派遣として働いていると回答している。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村