1600年代初期に、スウェーデン国王グスタヴ2世アドルフの軍事拡張策が成功して、
スウェーデンはバルト海地方の大国になった。 ドイツとの三十年戦争(1618年~
1648年)の際、国王は、勇猛な戦士だったフィンランド兵の戦闘の上手さに
頼って、ドイツに出兵した。 スウェーデンは戦費を調達するために、
フィンランド人をはじめ、領内の国民全てに過酷な税を課した。

グスタヴ2世アドルフが1632年に死に、ただ1人の後継者、6歳の王女
クリスティーナが王位に就いた。クリスティーナが成人になるまで、スウェーデン
貴族アレクセル・オクセンチャールナは、やはり裕福な貴族で、競争相手の政治家
ペール・ブラーヘ公の追い落としを図り、新設のフィンランド総督に任命して
トゥルクに左遷した。

ブラーヘ総統は、フィンランド人のために全力を尽くした。 スウェーデン語より
フィンランド語を使うことを奨励し、聖書のフィンランド語完訳を開始した。
1640年にはフィンランド最初の大学をトゥルクに創設した。 同じ頃、ブラーヘ
総督は、ラーヘ市をオストロボスニア地方の西部地区の中心都市に決めた。

Raateroad

【紛争と改革】
ブラーヘ総統が退任した1658年までに、スウェーデンには重大な変革が起きて
いた。 摂政オクセンチャールナが死に、クリスティーナ女王が王位を放棄し、
継承者のカール10世グスタヴは自国の領土拡大とロシアの拡大阻止のため、
ポーランドと戦争をしていた。 スウェーデン軍がポーランドと交戦中、
フィンランド人たちは侵攻して来たロシア軍を破った。 スウェーデンと
ロシアは1660年、フィンランド東部国境を設定し、ポーランドの一部と
デンマークをスウェーデンの領土にするカルディス条約を結んだ。

1672年、若いスウェーデン国王カール11世は、国王独裁を宣言し、伝統的に
官僚と分担して来た権限を取り上げた。 また、フィンランドでスウェーデン語を
広めて、スウェーデン文化との結び付きを強めた。 1686年にカール国王は、
スウェーデンのルター派教会をフィンランドのの公式の教会と決め、その監督を
任命した。

スウェーデン国王は、トゥルク教会の監督に、全フィンランドの人に読み書きを
教える責任を課した。 監督と教区の司祭たちはが真剣に教えた結果、
フィンランドは、ほぼ全住民が読み書き出来る国のひとつになった。

読み書き能力の普及を除けば、1600年代末期のフィンランドには、大した進歩が
なかった。 スウェーデンの支配者たちは、スウェーデンに兵士を提供し、税金を
支払っているフィンランド人を、ますます省みなくなった。 更に、
フィンランドは、1696年と1697年の大飢饉で、住民の3分の1が病気で死んだ。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村