1790年のヨーゼフ2世の死後、弟のレオポルド2世と、その息子、フランツ2世は、
相次いで皇帝となり、ヨーゼフの改革に逆行して、言論と出版を厳しく制限した。
この頃、フランスでは革命が起こり、レオポルド2世の妹でフランス王妃となって
いたマリー・アントワネットは処刑された。 1795年、オーストリアとフランスの
戦争が始まり、オーストリア領ネーデルランド(現在のベルギー)は占領された。

1800年、フランスの将軍ナポレオン・ボナパルトは、オーストリア軍を討ち
破った。 1804年、フランツ2世は、自らオーストリア帝国皇帝と称した。
この新しい帝国は、現在のオーストリア諸州の他、ハンガリー、ベーメン、その他、
東南ヨーロッパの諸小国を含むものだった。 1806年、領邦の弱い連合体になって
いた神聖ローマ帝国は、崩壊した。

ナポレオンは、フランスの皇帝となり、フランツ2世は、これに対抗して、
イギリス、ロシア、プロイセンと同盟を結んだ。 ナポレオンは、1809年
オーストリアに侵入して、フランツ2世は、娘マリー・ルイズをナポレオンと
結婚させた。 だが1812年、ナポレオンがロシアに敗北すると、フランツ2世は、
再度同盟を結んで、ナポレオンと戦った。 1815年、同盟国側は最終的な勝利を
おさめ、ウィーン会議を開いてヨーロッパ各国の国境を定めた。

この会議でオーストリアはヨーロッパの中心および、東部での支配権を確立した。
独立の領邦だったザルツブルク大司教管区と、北イタリアのヴェネツィア共和国も
オーストリアの領域となった。 神聖ローマ帝国に代わって、オーストリアを盟主
とするドイツ連邦が成立した。

1c747f24

【メツテニッヒの時代】
ウィーン会議でオーストリア代表として活躍したクレメンス・フォン・
メツテニッヒは、その後、国内の政治を一手におさめた。 彼は、ハプスブルク
王朝を維持するため、政治活動を制限し、出版の自由を規制する政策をとった。

新しい産業の興隆によって、オーストリアの各都市には、膨大な数の労働者が
流入した。 労働者の多くは、不健康な住居に群れをなして住み、賃金は低かった。
ウィーン、リンツ、グラーツなどの都市では、労働者は、農民と連帯して、
ハプスブルク政府の変革を要求し始めた。

1835年にオーストリア皇帝となったフェルディナント1世は、統治者としての力が
弱く、ハプスブルク一族の者たちに権限を委ねた。

一族同士の反目から、賃金や労働条件の改善は一向に進まず、1840年代半ばには、
経済危機と食料不足のため、農民と労働者の間に暴動が続発した。 大学の
学生たちも労働者と合流して、新しい政府と憲法を要求した。 主席大臣の
メルテニッヒは、民衆からも政界からも強い批判を受けた。 1848年、
メルテニッヒは辞任して、イギリスに亡命した。

メルテニッヒ政権に代わって、比較的リベラルな政権が出来、人民代表議会が
開かれた。 人民代表議会は、まだ残っていた領主の特権を廃止したが、その他の
法律については、合意に達することが出来なかった。 ウィーンの街頭で暴動が
起こり、フェルディナント1世は、首府から逃亡した。 1848年10月、
ハプスブルク家に忠実な軍来がウィーンに進駐して、街頭デモを暴力的に鎮圧した。
12月、ハプスブルク一族や顧問官たちは、フェルディナントを説得して退位させ、
その甥のフランツ・ヨーゼフを即位させた。

【お勧めの一冊】


お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 - ユーザー登録完了画面