1588年、若くて人気のあるクリスティアン4世が王位に就いた。 王は、
コペンハーゲンの市街を拡張し、株式交換所や、フレゼレグスボア城など、多くの
華麗な建築物を建造させた。 しかし、クリスティアン4世の領土的な野望は、
やがてこの国の財政を重く圧迫することになった。

1611年、クリスティアン4世は、スウェーデンと戦争を始めたが、敗北の
連続で、経費ばかりがかさんだ。 1613年から1618年に至る5年間の平和により、
デンマークの経済力は回復した。 1618年にドイツで三十年戦争が始まると、
クリスティアン4世とその軍隊は、ドイツのプロテスタント勢力を助けて、
カトリックの軍と戦った。

1626年、デンマーク軍は、ドイツのハルツ地方で大敗北を喫した。 3年後、
ドイツのカトリック諸侯軍は、ユトランド半島を占領し、クリスティアン4世は、
和議を結ばなければならなかった。 1643年、スウェーデンがデンマークを攻撃し、
デンマークは、またもや敗北した。

helsingborg

1648年に講和条約が結ばれ、デンマークは、ゴットランド島をスウェーデンに
返還し、現在スウェーデンの中央部となっているイェムトランとヘレダーレンを
割譲した。 デンマーク海軍は壊滅し、貿易は衰退して国力は傾いた。 元老院は、
クリスティアン4世の息子フレゼレグ3世を国王に選ぶに先立って、王権に厳しい
制限を付け、勝手に戦争をする事を禁じた。 それにも関わらず、フレゼレグ
3世は、1657年、失われた領土を回復しようとスウェーデンに攻撃を加えた。

1658年、スウェーデン軍は氷結したエーレ海峡を渡ってデンマークに攻め込み、
フレゼレグ3世は、講和を余儀なくされた。 その結果、デンマークは、
ノルウェーのトロンヘイム地方を割譲した他、スコーネとボルンホルム島を
スウェーデンに譲渡した。

1660年、スウェーデンとの戦争が再度勃発し、オランダと同盟したデンマークが
有利となった。 講和条約によってスウェーデンは、トロンヘイム地方と
ボルンホルム島をデンマークに返還したが、スコーネなどエーレ海峡東岸地域は、
最終的にスウェーデンの領土となった。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村