モスクワ大公は、イワン3世の孫の雷帝イワン4世の時からツァーリと名乗る
ようになり、クレムリンには、歴代の大公とその家族が暮らしていた。
ツァーリは、ローマのカエザル・シーザーに由来している称号であり、
モスクワ大公が代々使用して来た称号である。

しかし、クレムリンに住んでいたのは、最高権力者だけではなかった。
1600年にアムステルダムで出版された絵図によれば、今と同様に、正門は
赤の広場から入るスパスカヤ門(当時の呼び名はフロロフスカヤ門)であった。
門を入るとすぐ右手にヴェズネセンスキー尼僧院とチュードフ修道院があったが、
現在、その場所は、新しい建物になっていて、ロシア大統領の官邸となっている。

11234

左手には、ロシア各地の大修道院の分院が建っており、現在、その場所は、
空き地になっている。 広場を通り過ぎると、クレムリンの中でもずば抜けて
高い81mの『大イワン』と呼ばれる鐘楼がある。 これをイワン大帝と呼ぶのは
紛らわしく、キリスト教の古い聖者ヨハネ(ロシア語ではイワン)に由来
している。 この大鐘楼は、物見の塔の役割を果たしていた。 

鐘楼の先には、ウスペンスキー大聖堂、アルハンゲルスキー大聖堂、
ブラゴベシェンスキー大聖堂が立ち並び、その背後から国事を行う宮廷、並びに、
ツァーリと皇族の私的な居住空間となっていた。 後者は、一段と高い丘の上に
立ち、周囲からは隔絶していた。 この大クレムリン宮殿は、ツァーリの
モスクワでの居城であった。 現在の建物は、ニコライ1世の命で建てられた
ものである。 大鐘楼、大聖堂群、多陵宮を除けば、ニコライ1世以前から
現存している建物は、ほとんどない。

66789

ツァーリの宮殿から程遠くない場所には、総主教館があった。 この聖界と
俗界のトップの他に、1600年の時点で12家の貴族がクレムリン内に邸を与え
られていた。 モスクワ国家の全ての貴族と高官は、毎日、早朝ツァーリの
宮廷に伺候することが義務付けられていたたため、クレムリン内に舘がある
ことは、相当な特権であったと想像出来る。

前述の大聖堂の他にも、聖堂(教会)と称するものが19堂、修道院分院と
呼ばれるものが6堂を数えるため、政治と宗教が分かちがたく結び付いていた
ことが分かる。 現在の外務省に相当する使節官署、財務省に相当する出納寮、
警察庁に相当する盗賊取締官署等もクレムリンの中に置かれていた。 すなわち、
全ロシアの中枢が全てクレムリンに集中していたのである。

現在と比較して、変わったのは外堀で、西の城壁のわきには、ネグリンスカヤ川が
流れ、東側、つまり、赤の広場の側には、ネグリンスカヤから分水して堀が掘られ、
モスクワ川から流れ落ちていた。 堀の深さは、10mあり、幅は35mで、
スカスカヤ門に入るには、跳ね橋を渡る必要性があった。 19世紀の初めに
なって堀は埋め立てられ、続いてネグリンスカヤ川も河口から3kmの地点まで
埋め立てられた。

【お勧めの一冊】



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村