モーツアルトが、オーストリアのザルツブルグに生まれたのは、1756年のこと
だった。 『神童』と呼ばれた彼は、大司教の宮廷副楽長だった父に連れられ、
幼い頃からヨーロッパ中を演奏旅行に出掛けた。 モーツアルトの滞在を示す
銘板が、各地で誇らしげに掲げられているのは、このためである。



ザルツブルグには、モーツアルトの痕跡が至る所にある。 生家に住居、銅像、
モーツアルトの名前を冠した『モーツアルト クーゲル』というチョコレート
まである。 しかし、神童を迎え入れる宮廷はどこにもなかった。 ザルツブルグ
もモーツアルトを評価した訳ではなかった。 父親の口利きで、何とか大司教に
召し抱えられたものの、袂を分かち、ウィーンに移り住んだ。 順風満帆の筈
だったが、華々しさの裏で、浪費癖は治らず、ギャンブルに明け暮れ、生活は
逼迫した。 そして、数多くの名作を作りながら、わずか36歳でこの世を去った。



ザルツブルグ音楽祭(Salzburger Fetsspiele)が始まったのは、1920年の事だった。
1842年にモーツアルトの没後50周年を記念して開かれた音楽祭が基となった。
モーツアルトの世界的な評価が高まり、ザルツブルグにもようやく認められる契機と
なった。 それが、音楽、オペラ、演劇と総合的な音楽祭へと発展した。

フルトヴェングラー、ベーム、カラヤンや、輩出した芸術家達が音楽祭を牽引して
来た。 音楽祭の舞台のひとつ、『岩窟乗馬学校(Felsenreitschule)』は、元々、
大司教が乗馬競技を見学するために創られた。 メンヒスブルグの岩盤を繰り
抜いて造られた見物席がそのまま舞台に活かされている。 隣接する祝祭劇場は、
世界最大級の舞台で、音響に細心の注意が払われて設計されている。
ザルツブルグ音楽祭は、毎年7月から8月までの夏の期間に開催されている。



【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村