1997年を100とすると、日本だけ労働者の報酬が下がり続けている事が明らか
になった。 大企業が空前の利益を上げ、『内部留保』を増大させていることを
考えれば、国民としては、怒りがこみ上げて来る筈。 戻し税や企業体力がある
巨大企業だけが大儲けをし、企業栄えて国滅ぶような、まじめに働く人々を
ないがしろにする日本の政治には、かなり問題がありそうだ。

822080362

大企業での『内部留保』は貯まる一方で、それと完全に比例して、日本における
非正規雇用者数と相対的貧困率が増大している。 日本は、先進国中、アメリカ等に
次いで、貧困率が高い国であるが、その理由は、大企業が、その利益を労働者側に
まともに還元していないため。 労働者は、何も考えずに、奴隷としてただ黙って
働けということなのか? 尚、日本の大企業の『内部留保』は、既に、イギリスや
フランスのGDPをも上回っている。

01883

このような惨憺たる状況であるにも関わらず、今、日本で転職をしようとすると、収入が
半分以下になるため、例え、ブラック企業だと分かっていても、なかなか会社を辞める
ことが出来ない。 但し、それでも、正社員になれるだけまだましな方で、正社員に
なれずに、泣く泣くフリーターになってしまった場合は、月収で15万円位行っていれば、
かなりましな方。

2012-06

現在、関東では、正社員として、死ぬほどこき使われるか、フリーターで、10万円程度の
生活をおくるかの、2つしか選択肢がない状態。 既に、派遣社員になるのすら、至難の業。

海外からの情報を遮断している日本は、ますますガラパゴス化が進み、社畜ばかりが
ますます増えそうだ。 このような状況を打破するためには、国民ひとりひとりが常に
アンテナを張り巡らせて、常に正しい情報をキャッチし、自分の頭で判断することが
必要不可欠となるのだが、日本人の『外国語音痴』は、世界でも突出しているため、その
改善の兆しすら見えてはいない。

【お勧めの一冊】



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村