1991年12月末に、ソ連邦が崩壊し、それまでソ連邦内に15あったそれぞれの
共和国は、独立し、『独立国家共同体(CIS)』という緩やかな国家連合に移行
する事となった。 その直接の切っ掛けとなったのは、バルト三国での独立
意識の高まりと、当時のゴルバチョフ氏が押し進めた、『情報公開』により、
西側の情報が雪崩れ込んだため、それ以上の国家体制が維持出来なくなり、

最終的に、ロシアが、同じスラブ人国家である、ウクライナとベラルーシを
引き連れて、独立宣言を行った事にある。 よって、ウクライナ自体は、独自に
独立活動をした訳ではなく、あくまでも、ロシアが独立する際の『道連れ』的な
副産物に過ぎなかった。

【ウクライナにおけるロシア語の使用率】
language

ウクライナは、1991 年に独立するまで、一度も自民族による独立国家を持った
事がなく、その国境線も 20 世紀の後半になって、ようやく最終画定した経緯が
あり、特に、東部のロシアとの国境は、長年に渡って、かなり曖昧なままであった。
また、独立後、数年を経た後でも、ロシアとの国境線は、単なる『県境』程度の
意味しか持たず、ソ連邦崩壊直後には、CIS内のどこの国境線においても、面倒な
パスポートのチェック等はなかった。

ウクライナは、元々は、ルーシ人の国家である、『キエフ・ルーシ』の中心地
であり、その名の通り、キエフが首都であったが、モンゴルから遥々遠征して来た、
モンゴル・タタール軍に攻め滅ぼされ、街が徹底的に破壊された後、数百年間に
渡り、復活する事が出来なかった。 その間、台頭して来たのが、北にある
モスクワで、当時は、『モスクワ公国』と呼ばれていたのだが、ウクライナは、
数百年間にも及ぶ、ポーランド支配を脱したかったため、同じ東方正教国家である、
隣国のモスクワに助けを求めたが、そのまま、モスクワへと吸収され、それ以降、
モスクワは、『ルーシの正当な後継者』という意味で、『ルーシ国』という意味の
『ロシア』という国になった。
 
AS2015021200

ウクライナは、大きく分けると、西部が、ポーランド、リトアニアとの繋がりが
強く、ガリツィア地方は、元々ポーランド領であったため、ロシアとの繋がりは
希薄であった。 逆に東部は、ロシアとの国境線がなかなか定まらず、曖昧な
ままにされたため、ロシア化が進んだ。西部地域は、ハプスブルグ家の支配を
受けていた影響もあり、宗教的には、カトリックの影響が強い。 東部は、完全に
東方正教の影響が強く、ウクライナは、東西格差が非常に大きい地域であった。

ウクライナでは、独立後の1990 年代は、『中欧』概念の復活に乗じて、
ハプスブルグの流れを汲む『ヨーロッパの一員』へのアイデンティティーに注目が
集まり、EU、NATOの東方拡大や、2004年末の『オレンジ革命』を経た後は、
EU加盟により、『ヨーロッパの一員』を希求するウクライナ・アイデンティティと
『ヨーロッパの隣人(EUの外)でいる』アイデンティティとして議論される機会が
増えた。 

『ヨーロッパの一員』を強く熱望する余り、ウクライナ全域で使用されている、
ロシア語への批判的な処置が行われ、国内で放送されていたロシア語番組には、
全てウクライナ語の字幕を入る事が義務付けられ、ロシア語は、基本的に『外国語』
扱いとされ、ウクライナ語以外は、公の場での使用を基本的に禁止された。

【オレンジ革命の末路 ダイオキシンを盛られたユーシェンコ元大統領】
5205109a0a

2014年に始まった『ユーロ・マイダン』以降は、ロシア寄りの政治家達を全て
排除し、アメリカの誘導の元、EU寄りへと強引に舵を切ったが、そのEU自体が
ウクライナ援助に関しては、全く乗り気ではなく、むしろ、ウクライナ排除の
方向へと向かっている事実をウクライナ国民は全く知らさせてはいない。
オリガルヒ(新興財閥)らによる情報操作も甚だしく、ウクライナでは、ウソが
平然とまかり通っている。

今後、ウクライナがEUの一員になる事を本気で望むのであれば、正しい情報の
公開と、オリガルヒによる世界でも指折りの腐敗し切った政治を何とかしない限り、
ロシアからもEU諸国からも愛想を尽かされる事となる。 本来、ウクライナが
目指すべき道は、地政学的な事を鑑みても、『東西の架け橋』になる事であり、
自分達の都合の良い主義主張ばかりをゴリ押ししているウクライナが、EU諸国の
一員になれる日は、未来永劫ないのではないか?

【お勧めの一冊】



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村