ブログネタ
被災地通信 に参加中!

東松島市は、2003年の『宮城県北部連続地震』でも大規模被災をしているが、
その当時、野蒜地区は、余り被災しなかったのだが、その隣の小野、大塩地区は、
震源地の真上にあったために、大規模被災し、かなりの家屋が被害を受けた。

過去に東日本大震災よりも大規模な地震に遭遇しているため、、野蒜小学校
校長の証言にも『地震は予知出来なかった』とは出ていないのだが、野蒜
小学校は、海から、ものの数百メートル程度しか離れていないため、津波が
予想出来なかったというのは、教育者としても余りにも甘い考え方。

付近を走っていたJR仙石線の乗客達も、地震発生直後に全員野蒜小学校の
体育館へと避難をしたが、校長が校舎への入り口の鍵を掛けてしまったため、
その一部は、津波に飲み込まれて死亡した。



<野蒜小津波訴訟>校長『津波到達予想できず』
東日本大震災で宮城県東松島市野蒜小体育館に避難し、津波で死亡した住民と
児童計3人の遺族が市に計約5,300万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が
2015年10月22日、仙台地裁であり、当時の女性校長が『学校に津波が到達する
とは予想できなかった』と証言した。

校長は理由として、市防災マップで学校が避難区域外だったことや停電などで
情報収集ができなかった点を挙げた。 津波情報の収集は『教頭に任せていた』
と証言したが、学校に電池式のラジオがなく、情報収集ができなかったという。

訴えによると、2011年3月11日の地震発生後、野蒜地区の住民らは市の地域防災
計画で避難所に指定された野蒜小に避難し、校長らに体育館へ誘導されたとして
いる。 校長は『児童は体育館に避難させたが、住民の避難は各自の判断
だった』と反論した。

死亡した3人のうち、児童1人は担任の女性教諭が同級生の親に引き渡し、
学校より海側の自宅付近で津波にのまれた。 校長は『保護者に引き渡すのが
あるべき姿だ』と認めつつ、『震災下では一つの判断。 引き渡し後の安全
確保は同級生の親に委ねていた』と語った。

児童を引き渡した担任は『(県教委の指針に)違反したかもしれないが、
児童を早く安心させてあげたい一心だった』と当時の心境を語った。

市の調査によると、体育館では住民ら計13人が死亡したとされる。


>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村