2015年11月3日(祝)、航空自衛隊入間基地内で、航空祭が開催された。 来場者数は、
過去最高の20万人超であったため、ほぼ満員電車並の混み具合。 航空祭の目玉は、
何と言っても、アクロバット飛行を行うブルーインパルス。 午後1時30分過ぎからは、
いよいよ、そのブルーインパルスの展示飛行が行われるという事で、会場の雰囲気も
クライマックスに。



ブルーインパルスの正式部隊名は、第4航空団飛行群第11飛行隊となっており、
宮城県の航空自衛隊松島基地所属。 日本各地での自衛隊の広報活動を主な
任務としており、華麗なアクロバット飛行を行うため、その人気も高い。

ブルーインパルスが所属する、航空自衛隊松島基地では、平日の3-4日程度、午前
11時から11時30分まで、この展示飛行のための飛行訓練を行っているため、
自衛隊の中に入らなくとも、これと全く同じアクロバット飛行を見る事が出来る。

午前10時30分から、エンジンスタート開始となっており、11時ちょうどに離陸、11時
30分前後には、6機とも着陸してしまうため、運が良ければ、生のブルーインパルスの
アクロバット飛行を無料で見る事が出来る。 更に、1か月前までに予約を入れれば、
松島基地の内部を案内付きで見る事も出来る。



ブルーインパルスの紹介では、一度だけ、1978年より、航空自衛隊松島基地所属と
アナウンスしたものの、その他、被災地の話題には、一切触れず、東日本大震災で
唯一津波で水没し、一時全ての機能が停止した自衛隊からはるばる埼玉まで飛んで
来たとは一言も言わなかった。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村