ブログネタ
多言語学習法 に参加中!

語尾が -n で終わる動詞の活用

gaan(行く)、staan(立つ)、slaan(打つ)、doen(する)、zien(見る)の5つの動詞は、
-en ではなく、-n で終わる動詞で、-en で終わる動詞とは、異なる活用変化をします。

【gaan】(行く)
ikgawijgaan
jij   

u 
gaa
ullie 

u
gaan

gaat 
hij
zij
het 
gaatzijgaan

【doen】(する)

ikdoewijdoen
jij※ 

u 
doetullie 

 u
doen

doet 
hij
zij
het 
doetzijdoen
※2人称単数の活用形が jij の前に来る時は、動詞の活用語尾 -t が脱落
する事に注意。
doe jij ~?

【zien】(見る)
ikziewijzie
jij 

u 
ziet   
ullie  
u
zien

ziet 
hij
zij
het  
zietzijzien

doen と zien の場合、不定形の語尾から -n を落とした形が語幹となります。
2人称単数形、3人称単数形は、この語尾に単純に -t を付けるだけ。 gaan は、
不定形から、語尾 -n を落とすと、gaa となり、開音節の場合のスペリングの法則に
従って、母音を a ひとつ脱落させた形の ga が語幹となる。 2人称単数、3人称
単数形では、語幹 ga に語尾 -t を加える事により、閉音節に戻るため、長母音を
保つために、母音 a をもうひとつ付け加え、gaat とする。 staan、slaan も同様の
変化をする。



【komen】(来る)
ikkomwijkomen
jij 

u 
kom
ullie 

 u
komen

komt 
hij
zij
het 
komtzijkomen
※単数形は、短母音、複数形は、長母音となるため、単数形と複数形で、母音の
長さに注意。

【lezen】(読む)
ikleeswijlezen  
jij 

u 
lees
ullie 

 u
lezen

leest 
hij
zij
het 
leestzijlezen

【schrijven】(書く)
ikschrijfwijschrijven
jij 

u 
schrijft
ullie 

 u
schrijven

schrijft 
hij
zij
het 
schrijftzijschrijven

語幹が、 -z または、-v で終わる動詞は、単数形の時、スペリング規則によって、
z が、s に、v が、f に、それぞれ変化します。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村