ブログネタ
ニュース速報VIP に参加中!

2011年から、Youtbeに新たに自動キャプション機能、いわゆる、文字起こし機能
なるものが追加されたため、試しに使ったみたところ、ところどころではあるものの、
英語の文字起こしは、まだ若干使えそうな感じがしたが、日本語はボロボロ。
その他の外国語は、まだ試していないが、恐らく、似たり寄ったりな模様。

b40a91c5

この機能は、元々、耳が不自由なエンジニアが開発したもので、視覚的に、Youtubeを
楽しもうという趣旨らしいが、その完成度たるや、自己責任でお願いしますレベル。
仕事上、外国語の映像翻訳をする機会が時々あるが、その経験から結論を言うと、
このような機能は、余り役に立たないどころか、ウソ八百ばかりを吐き出すため、
頼り過ぎると、むしろ、危険。



将来的に、もう少し精度が上がれば、実用化されそうな気がしないでもないが、
そもそも、Google翻訳等に代表される、機械翻訳の完成もままならないため、完全な
文字起こしは、未来永劫無理だと思います。 それ以前に、最初から、文字を埋め
込んだ状態で映像化した方が、精度が増すと思います。

海外では、テレビに既にこのような機能が付いていますが、曖昧な部分が多過ぎる
日本語の場合は、間違って聞き取られる可能性の方が遥かに高いと思います。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村