ブログネタ
日本の政治 に参加中!

北方領土に関する意外な事実として、ロシア側からの領土返還交渉が度々なされ
ましたが、日本では、その事実を余り大きくは取り上げないため、この情報を
知らない人が、意外に多い。

ソ連とロシアは、これまでに数度に渡り、北方領土の解決策を日本側に提案して
来ましたが、日本政府は、それをことごとく全て断りました。 ソ連時代の2島
返還論から始まり、故エリツィン氏が共産党第一書記長時代に根室まで来た際には、
ハッキリと『北方領土は日本の領土』と名言しています。 プーチン氏の時代に
なってからも、私の知る限りでは、3回程日本側に2島返還、更には、3島返還
(残り1つの択捉島は、次の世代に託す)とまで大幅譲歩しましたが、それですら
日本政府はあくまでの『4島一括返還』に拘ってロシア側からの提案を断りました。
 
元々、ロシアにとって、北方領土は、特に大切な場所ですらなく、世界一広大な
領土の極々一部分でしかないため、日本に返還したとしても、特に困らない場所
なのですが、あえて難点を言えば、択捉にロシアの空軍基地があるため、すぐには
日本には引き渡せないため、とりあえず、次の世代に委ねるとしたのですが、
旧島民は、高齢化が進み過ぎて、現在、旧島民全員が80代以上の高齢者ばかりで、
今更まともなインフラが整っていない北方領土に住むのは、かなり難しく、
ロシア側の住民たちも、70年にも渡って北方領土に住み続けており、両国の
若者たちは、このような場所には住みたがらないため、この問題は、簡単には
解決出来ません。
 
日本では、アメリカのプロパガンダにより、情報が相当ねじ曲げられておりますが、
私は、元々北方領土関連の通訳からロシア語の通訳を始めたため、80年代後半から
90年代初頭に掛けての日本とロシアとのやり取りを概ね知っております。 日本
では、ロシアに関するまともな知識を持った人材がほぼ皆無に近いため、領土
問題の解決を更に難しくしています。 ロシアの専門家を名乗っている人達も、
実際には、実践経験がほぼないため、事実関係を知りません。 英語さえ知って
いれば、世界を何でも知っていると思っている人間が日本には多過ぎます。
歴史は机の上で作られるのはなく、現場で作られるものです。

ichi

その昔、札幌の大学を卒業する際の卒論のテーマが『北方領土』であったため、
私は事実関係をかなり詳細に知っております。 日本の自称専門家たちは、事実を
歪めないように。 尚、鳩山氏のロシアに対する見解は、かなり正確で、事実
関係と照らし合わせても、内容が合っています。 鳩山家は元々がロシアの
専門家の家系なので、歪んだものの見方をしておりません。 ロシア側の記事
にも書かれていますが、これが一番正しい歴史的な見解です。

尚、プーチン氏の次女は、『日本史』が専門であるため、千葉大学に留学をして
いたのと、プーチン氏自体が、柔道の黒帯所持者であるため、歴代の指導者の
中では、ブッチギリの親日家ですが、恐らく、次の大統領になるであろう、
プーチン氏の大学の後輩のメドヴェージェフは、強硬派であるため、プーチン氏の
代を逃してしまうと、日本に領土返還の可能性は、未来永劫ありません。 
メドヴェージェフは、プーチン氏の操り人形に過ぎませんが、最近では、欲が
出て来て、プーチン氏にかなり逆らっています。 強いて言えば、次期大統領で
前回もロシア大統領選に出馬していた、日系ロシア人のイリーナ・ハカマダ氏が
当選すれば、メドヴェージェフよりも北方領土問題解決の可能性が遥かに
上がります。



90年代初めは、ソ連が崩壊したため、島民の大方が、領土を日本に返還して、
インフラ整備をした貰った方が、生活が潤うという考え方であったため、日本への
返還は致し方なしという考え方でした。 当時は、返還が概ね実現しそう
だったため、『日本国民』になれる事を夢見て、ロシア本土からマフィアが
かなり流れ込んでいました。 国後の辺りでは、当初、北海道から電波を拾えた
ため、結構日本の携帯を使っていました。 プーチン氏は、これまでの事をまだ
覚えているので、上手く交渉すれば、少なくと2島は返って来ると思いますが、
日本政府には、そのような交渉術はないのと、4島であったとしても、アメリカが
首を縦には振りそうもないので、交渉は、相当難航すると思います。

91年当時、ソ連が崩壊した時に、日本は、お金で北方領土を全て買い取るべき
でした。 その頃の日本は、まだかなりバブルな時代であったため、日本にも
そのような余裕がありましたが、その後、ロシアが経済的に成長してしまった
ため、今更ロシアには、島を返す意味はないでしょう。 日本では、極右的な
考えの人ばかりが報道されていますが、ロシア人はかなり親日的なので、
ちゃんと話し合いさえすれば、解決出来る問題だと思います。 しかも、
ロシアにとっては、長年の懸念であったクリミアの帰属問題を解決したため、
残りの領土問題は、日本のみ。 因みに、中国との領土交渉では、3つの島の
帰属権を中国側に渡した代わりに、その他の清の時代までの広大な中国の領土
(ハバロフスク~ウラジオストック周辺)を全て未来永劫放棄させています。

最近になって、ロシア側が北方領土の交渉に関して、かなり難色を示しているのは、
日本がロシアに対して、経済制裁を続けているからであり、日本がまず最初に
経済制裁を解除すれば、問題は好転するかも知れません。 ロシアは、クリミア
問題以降、この先、アジア重視の政策に転換する可能性が高いため、可能性は
まだあります。

В 1991 году были две попытки отдать Курилы японцам

Хорошо помню эту ситуацию, потому что в то время я только что начал
работать как переводчик в Саппоро. Правительство СССР пыталось
несколько раз отдать 2 или 3 острова(кроме Итурупа) Японии, но
министерство иностранных дел Японии отказалось от предложения
от Советской стороны и оно даже сказало, что "возврат остров должен
быть вчетвером", то есть, надо отдать Итуруп, Кунашир, Шикотан и
Хабомаи все вместе. Говорят, что это все связано с американцами и
они даже имели отношение к территориальной проблеме между нами
и в конце концов заставили так сказать японцам.
 
Дело в том, что бывшим жителям на этих островах уже более 80 лет и
многие из них уже умерли, а новые жители - они живут там уже 70 лет,
так что эта проблема не может быть легко решена. Все равно для
Москвы и Токио это очень далекое место и молодежи никогда не хотят
жить на таком месте.

【お勧めの一冊】



お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村