ブログネタ
事件について に参加中!

2015年2月20日に川崎市川崎区の多摩川河川敷で中学1年生の上村遼太さん
(13)が殺害され、遺体を遺棄された事件。 事件から1週間後に少年3名が
殺人容疑で逮捕され、リーダー格の自称無職の少年(18)が容疑を認めた。

殺人などの罪に問われたリーダー格の少年と、傷害致死罪に問われた17歳と
18歳の少年2人の第1回公判前整理手続きが7月31日、横浜地裁であった。
争点整理の後、成人と同じ公開の法廷で裁判員裁判が開かれる事となっている。



川崎市教育委員会は、6月23日、事件現場に供えられた花などを30日午前10時を
めどに撤去する方針を明らかにした。 現場では、これまで2度火災が起きた他、
上村さんの遺族からも撤去の希望があったという。

横浜家裁は、殺人の非行内容で送致されていたリーダー格の無職少年(18)と、
傷害致死の非行内容で送致された18歳と17歳の無職少年の計3人について
少年審判を開き、いずれも検察官送致とする決定をした。

川崎中1殺害事件

【事件要約】

【2015年2月21日】
川崎市川崎区の多摩川河川敷で男性の全裸遺体が見つかった事件
(神奈川県警捜査1課)

【司法解剖の結果】
死因は鋭利な刃物で首を刺されたり切られたりしたことによる出血性ショック死と
判明。 首の後ろなどには、刺されたり、切られたりした傷があった

【死亡推定時刻】
2015年2月20日午前2時ごろとみられている

【現場近く】
大量の血だまりとカッターナイフの刃などが見つかっていたことがわかった。
切断された状態の結束バンドも見つかった。 警察は関連を調べている。 

携帯電話は、見つかっていない。

【死亡推定時刻のおよそ1時間後】
現場からおよそ800メートル離れた公園のトイレで
服や靴が燃やされるぼや騒ぎがあり
上村さんのものの可能性が高いとみられている。

【校長】
上村さんは昨年4月の入学直後は遅刻もなくバスケットボール部に所属していた。
夏休みごろから部活に顔を出さなくなり、1月からは1日も登校しなくなった。

【関係者】
上村さんは小学6年生だった2013年、島根県の隠岐諸島にある小学校から川崎
市内に転校して来た。 卒業文集では、島根時代の思い出として『川崎の海より
すき通った青色』の海を挙げ給食に出された島名産のイカ焼きについて 『今でも
食べたくなることがあります』と書いた。

【中学校での生活】
『バスケ部に入り、エースになれるようがんばりたい』
『国語や算数をがんばって、計算や漢字をできるようになりたい』と期待
していた。 

【中学校の同じクラスの女子生徒】
クラスになじめていない様子はなく 
『休み時間に友だちとよく廊下で遊んでいた。とてもショック』
上級生からも可愛がられ『カミソン』の愛称で呼ばれていた。

【同じアパートに住む40代女性】
『あいさつをきちんと返してくれる素直で明るい子だった』

【同級生ら】
昨年秋ごろから同じ中学や近隣中学の上級生グループと一緒にいる姿がたびたび
目撃され、昨年10月頃には、左目周辺に殴られたようなあざが出来ていたのを
見た事がある。 目の辺りが殴られたように腫れた顔で登校した事もあった。

【お勧めの一品】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村