ブログネタ
フランス語 に参加中!

1789年7月14日、フランス王国パリの民衆が同市にあるバスティーユ牢獄を襲撃した
事件は、民主主義を求めるフランス革命の始まりとされている。 この事件の一周年を
記念して、フランスでは、翌年1790年に建国記念日が行われ、現在でも、それを
記念して、7月14日がフランス共和国の成立を祝う日となっており、国民をあげての
祝日となっており、特に、パリでは、花火やパレード等の大々的な催しが例年開催
されている。



当時のバスティーユ牢獄は、王の恣意的な拘禁令状により拘束された人々の刑務所と
なっており、特に著作が王統政府の気分を害した等の政治犯を拘束する事で知られて
いたため、バスティーユ牢獄は、君主専制政治の象徴となっていた。 バスティーユ
包囲の段階でここに収容されていた政治犯は、7人だけであった。 バスティーユ
襲撃は、結集と反乱の象徴としてより重要な意味を持っている。 この襲撃から間もなく、
8月26日には、人間と市民の権利の宣言『フランス人権宣言』が採択され、近代における、
民主主義の幕開けとなった。 フランス革命時のスローガンは、『自由、平等、友愛』

Bastille

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村