ブログネタ
3.11東日本大震災 に参加中!

今回は、2003年7月26日に発生した『宮城県北部連続地震』の最大の被災地、
宮城県美里町をレポート致します。 石巻の中心部からは、車で約20分程度、
東松島市の中心部からは10分程度、大崎市との境界線付近の場所になります。
この場所は、10年程前までは、南郷町という自治体だったのですが、隣町の
小牛田町と合併をしてしまったため、町の名前が美里町へと変更されました。
元々は町の中心部であったものの、市町村合併により、何もかも全て町の
中心地である小牛田へと持って行かれてしまったため、今では、何もなくなり
ました。

IMG_2383
IMG_2384
IMG_2364
IMG_2362
IMG_2386
IMG_2388
IMG_2385
IMG_2389
IMG_2361

当時は、周辺全ての家屋が合計4回もの大規模な連続地震により、倒壊、または、
半壊したのですが、それでも、人口が少ないという安易な理由により、被災地指定
からは外されました。 よって、瓦礫の処理は自腹。 地震発生から数ヶ月以内で
あれば、町がその費用の一部を負担するという話だったのですが、この周辺の
家屋は、農家が多いため、非常に大きい家屋が多く、納屋や牛小屋等も付いて
いるのが当たり前であるため、瓦礫処理の費用は、1軒に付き、最低でも60~
200万円程度でした。 その当時も、災害義援金をあちらこちらで募集していた
ものの、実際は、びた一文足りとも現地には届かず、仮設住宅も丸2年で撤去
されてしまったため、瓦礫の処理だけで預金を使い果たした人達は、どこかへと
引っ越して行ってしまいました。 よって、この周辺は空き地だらけ。

この地区の特徴としては、地震が極端に多いため、その後ブロック塀や瓦屋根の
再建を断念した家屋が殆どであるため、ブロック塀と瓦屋根が殆どないのが
最大の特徴と言えるかも知れません。 また、余りにも地震が多過ぎるため、
電柱が1本たりとも真っ直ぐには立っておりません。 現在、河川工事により、
堤防の補強が行われておりますが、この付近は、堤防以外、坂道が一切ないため、
この堤防が切れてしまうと、逃げる場所がありません。 よって、地域住民に
とっては、この堤防が命綱となっています。

元々町の中心部であったため、その昔、地方創生予算を利用して、このような
取って付けたようなログハウスがあるのですが、一体こんな田んぼのド真ん中に
誰が宿泊するものやら?と言いたくなるほど。 このログハウスのすぐ隣には、
東松島市の仮設住宅が丸4年間もあったのですが、つい先日撤去されました。
旧南郷町と旧矢本町、旧鳴瀬町(現在の東松島市)との間には、12年前の同じ
被災地という理由により、災害協定が結ばれていたため、野蒜・宮戸地区の
避難者たちは、このすぐ近所にある体育館に長期間避難をしていました。
木の柵のようなものは、元々は、ブロック塀だった場所で、多い時には、体に
感じない地震を含めると、1日に約300回程度もの地震が起こるため、この付近の
住民は、震度5強程度であれば、特に話題にはしません。

IMG_2920
IMG_2404
IMG_2392
IMG_2395
IMG_2399
IMG_2396
IMG_2400
IMG_2401
IMG_2913

ここからさほど遠くない場所には、町営施設である『花野果市場』があり、朝採れた
ばかりの新鮮な野菜が、100円程度で手に入ります。 国道356号線沿いにあり、
道の駅でもないのに、かなりの売上高を誇っております。 三陸自動車道の
松島北インターチェンジからは車で15分で来る事が出来るため、日本三景松島で
魚を購入した後は、美里まで足を運んでみては。 ここでは、1,000円もあれば、
野菜、果物、花が、沢山購入出来ます。

美里町のバラの生産は、30年ぐらい前から始まったものなのですが、その理由は、
減反政策により、米が思うように作る事が出来ずに、休耕地が多かったため、
その農地を転用したのが始まり。 国が押し進めた減反政策に従うと、余剰米の
調整のために、米が思うように作れなくなるものの、その見返りは特にないため、
遊休地をそのまま遊ばせて置くと、単なる税金の無駄使いとなるため、近所の農家
同士が話し合い、バラの生産を始め、現在のバラの生産高は、東北1位となっています。

また、この付近では、イチゴの生産が盛んに行われており、『仙台イチゴ』として
出荷されています。 宮城県産イチゴのオリジナルのブランドは、『もういっこ』と
なっており、『花野果市場』で販売して生産品は、全て付近の農家で生産したもの
ばかりなので、地産地消の代表格となっております。

IMG_2917
IMG_2916
IMG_2918
IMG_2914
IMG_2403
IMG_2911
IMG_2931
IMG_2929
IMG_2915

その他、美里町内には、『黄金澤』の酒蔵があり、市町村合併をする前までは、
米の生産高が、宮城県内で第二位であったため、日本酒の製造も盛んです。
ひとめぼれ、ササニシキ、まなむすめ、全て宮城県オリジナルの一等米となって
います。

鯨大和煮の缶詰は、被災後に石巻港から工場が移転して来たため、石巻産として
販売をしている鯨の缶詰は、全て美里産となっております。 中に入っている野菜は、
工場移転の際の美里町との協定により、全て美里産の野菜を使っております。
尚、その移転してきた工場は、女川原発から30キロ圏内にあるため、実際に原発で
事故が起きた際には、再度移転しなければならないでしょう。

こちらの農家レストラン『はなやか亭』では、美里町の郷土料理、『すっぽこ汁』を
堪能出来ますが、すっぽこ汁は、他地域では、『おくずがけ』と言い、法事の際の
定番料理となっています。



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村