ブログネタ
沖縄! に参加中!

旧海軍司令部壕は、昭和19年(1944)日本海軍設営隊によって掘られた司令部壕で、
当時は、450メートルほどあったと言われている。 沖縄戦において大日本帝国海軍の
司令部として使用された防空壕であったもの。 壁を見ると、手で掘った跡が残っており、
これだけの規模の防空壕を手で掘り進めるのは、容易ではなった事が想像出来る。

IMG_3468
IMG_3472
IMG_3479
IMG_3482
IMG_3483
IMG_3494
IMG_3499
IMG_3497
kaigunshireibu3

カマボコ型に掘り抜いた横穴をコンクリートと坑木で固め、米軍の艦砲射撃に耐え、
持久戦を続けるための地価陣地で、4,000人余の兵士が収容されていた。  幕僚室の
壁には、手榴弾によって自決した後がクッキリと残っている。
 


戦後しばらく放置されていたが、数回に渡る遺骨収集の後、昭和45年(1970)3月、
観光開発事業団によって、司令官室を中心に、「旧海軍司令部壕」として、
その一部が一般に公開され、周辺は海軍壕公園として整備されている。

沖縄各地には、戦争の爪痕が各地に残っているが、旧海軍司令部壕は、那覇市内
中心部からも近く、車で気軽に訪れる事が出来る場所であるため、一度は是非訪れて
見て欲しい場所。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村