ブログネタ
被災地通信 に参加中!

ある一人の少年の想いから発足した『青い鯉のぼりプロジェクト』は、東日本
大震災で亡くなったこども達の為に、3月11日から5月5日のこどもの日まで、
津波の心配のない青空に『青い鯉のぼり』を掲揚する鎮魂プロジェクト。
 
461_n

宮城県東松島市大曲浜で東日本大震災以降、毎年開催されており、初年度は、
約200匹程度の青い鯉のぼりであったが、2015年度の今年は、約700匹まで
増えた。 来年度からは、大曲地区でのかさ上げ工事が本格化するため、
来年度からは、別の場所に移動しての開催が予定されている。



東松島市内で震災により亡くなった人達の数は、約1,100人。 すぐ隣の石巻市と
比較すると、街の規模が一回り小さいため、東松島の被災は見過されがちだが、
市域の約6割以上が津波で浸水したため、その被災度合いは、かなり深刻と
なっている。 自分の地元なので、被災前から大曲は時々通っていたものの、
被災度合いが激し過ぎるため、昔の景色を全く思い出せない程。 このすぐ
近所には、海浜公園と砂浜があったが、津波により松林の殆どが流出したため、
その公園はなくなった。



仙台方面から石巻へ向かう途中で、東松島市を通過するものの、三陸道や国道
45号線からは、東松島市内の被災度合いが全く見えないため、そのまま通過
されてしまいがちだが、このプロジェクトを見るためだけに東松島を訪れて
見るのも被災地を考える切っ掛けとしては良いのかも知れない。

大曲地区のすぐ隣には、航空自衛隊松島基地があり、週に3~4日程度、
ブルーインパルスの展示飛行を無料で見る事が出来る。 また、1ヶ月前までに
予約をすれば、直接松島基地内に入る事も出来る。



【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村