ブログネタ
被災地通信 に参加中!

国連防災世界会議は、10年に1度開催される国際的な防災戦略を策定する国連主催の
国際会議。 第1回世界会議は1994年に横浜市で、第2回世界会議は2005年に兵庫県
神戸市で開催され、国際的な防災の取組指針である『兵庫行動枠組(HFA)』が策定
された。

第3回世界会議は2015年以降の新たな国際防災の枠組を策定するため、東日本大震災
の被災地である仙台で2015年3月14日~18日まで開催されている。 今回の参加国は、
186ヶ国で、それぞれの国の代表が出席して、今後、各国が取り組むべき防災や減災
対策の指針について話し合った。
 
CIMG1287

開会式には、天皇皇后両陛下をはじめ、各国の首脳級や閣僚級など1,000人余りが
出席し、この中で国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長は『私たちは東日本大震災
から4年がたった被災地に集った。 ここで扱うのは、世界の人々が現実に直面して
いる問題で、交渉を通じて、人々の要望に応えなければならない』と述べ、会議への
強い期待を示した。

また、安倍総理大臣は東日本大震災への各国からの支援に感謝の意を述べた上で、
発展途上国などの防災・減災対策の充実に向けて、今後4年間で、総額40億ドルの
協力を実施する他、各国の防災や災害後の復興を担う人材を合わせて4万人育成する
などとした行動計画を発表した。
 
会議では、各国の代表らによる意見の表明が行われ、発展途上国からは、防災対策への
継続的な支援を求める意見が相次いだ。 このうち、13日夜、大型のサイクロンが
直撃した南太平洋の島国、バヌアツのロンズデール大統領は、『サイクロンが、一夜に
して何年にも渡る開発の成果を消し去り、人々を貧困におとしめた。 災害の被害を
軽減する方法を見つけて欲しい』と述べ、各国に継続的な支援を訴えた。

また、午後からは政府関係者や専門家、それにNGOなども参加して、テーマごとの
議論が始まった。 このうち、災害の産業施設への影響について話し合う会合では、
内閣府の防災担当者が、東京電力・福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、事故が
起きないという安全神話から決別して事故を想定した対策を進めることが重要だと述べた。

国連防災会議は、最終日に各国が連携して取り組むべき具体的な対策を盛り込んだ
指針を採択し、終了する予定。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村