ブログネタ
最新ニュース に参加中!

相変わらず、ウクライナのテレビ放送は、ロシア語とウクライナ語をちゃんぽんで
喋っておりますが、これを変だと感じないウクライナ人の感覚には付いていけませぬ。
独立から20年以上を経過しても、ウクライナ語は余り浸透しておりませんが、ウクライナ
政府は、ロシア語話者の権利を守るべきで、ロシア語を外国語扱いするのは、間違って
います。

アニ・ロラクもインタビュアーも全てロシア語だけで話していますが、実際のところ、余り
ウクライナ語が得意ではないのだと思います。 去年は、クリミアでの公演をキャンセル
したアニ・ロラクですが、実際は、かなり辛い選択を迫られた模様。 そのまま舞台に
立てば、過激派に殺される可能性も十分ありましたが、それでも、舞台に立ち続けた
のは、平和のため。 ロシアもウクライナもベラルーシも関係ないと言い切っておりますが、
全くその通りだと思います。

実際、このスラブ国は、切っても切れない血縁関係で結ばれており、全て隣国のせいにして
相手を憎んでみたところで、離れられません。 今回の内戦も、新興財閥オリガルヒから
見れば、体のいい金儲けの手段だったのだと思います。 国単位だけでものを見るのは、
他の文化を認めないモノカルチャー世界の宿命で、ウクライナ、ロシア、ポーランド、
ルーマニア、ハンガリーと多民族共生だった筈のウクライナが崩壊し掛けた原因は、正に
ここにあると思います。



>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村