ブログネタ
経済政策 に参加中!

現在日本で働いている非正規労働者は、既に2000万人を超えており、全労働者に
占める割合は約38%にまで高まっている。 これは、派遣労働者に限らず、アルバイト、
パート、期間従業員が含まれる。 相対的に賃金が安く、期間を区切って雇える事等
から、様々な企業で社員の非正規化が進んでいる。

3240

ここで、特に注目すべきなのは、その比率が高い企業。 上位には、主に外食産業、
デパート、コンビニ等のいわゆる、接客業が上位を占めている。 このランキングに
出て来ていないが、大手製造メーカーの非正規社員率も、実は非常に高い。
このランキングが、そっくりそのまま『ブラック企業』ランキングと言ってしまっても
間違いではないため、この手の企業では、食事や買い物をしない方が無難。 知らず
知らずのうちに、ブラック企業を助長する事になります。

first-toyo-20150226-61645-magazine

非正規社員の「比率が高い」500社ランキング

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村