ブログネタ
日々の生活 に参加中!

『雇用の改善』や、『雇用の場の確保』などという言葉すら、政府の口からは聞かれなく
なって久しいが、それでは、本当に日本の雇用状況が改善したのかと言うと、全くの
真逆で、年々正社員の雇用の場が減っているため、雇用が既に崩壊しているのが実情。
中高年層に至っては、既に、雇用自体が完全に崩壊しており、インターネット上で気軽に
登録が出来る、人材紹介会社にいくら登録をしたところで、年齢制限により、全て対象外
とされてしまうため、まともな転職すら出来ない。 最近では、コンビニのアルバイトには、
必ず中高年層が働いており、その崩壊具合は、益々酷さを増すばかり。

gn-20130204-28

労働基準法では、基本的に、年齢制限や、男性、または、女性限定のみの求人広告を
禁止しているものの、それは、単なる建前で、実際は、その名称さえ変更すれば、
何でもまかり通るのが、日本社会。 その良い例として、派遣労働法では、就労前の
企業との「面接」なるものを禁じているが、実際は、『お顔合わせ』という名の面接を
しないと、実際には企業では働く事が出来ない。

2_19443_1

某パソナ会長が先頭に立ち、日本から正社員をなくせとの話まで、飛び交っている昨今
では、『終身雇用』なるものも、完全に昭和の遺物と化し、それならば、まずは、自分が
派遣社員にでもなれと言いたいところ。 現代の日本社会においては、誰も何の責任も
取らないため、何もかもが「自己責任」とされてしまい、何も知らない人の場合は、騙される
だけの社会となっております。 いかなる手を使ったとしても、金儲けをした人間だけが
勝者とされ、日本では、社会的弱者へのセイフティーネットすらまともには整備されては
いないため、毎年自殺者が後を絶たず。 

大量生産、大量消費、大量廃棄の名の下、人材も全く同様の扱いで、機械ですら、毎日
使えば、壊れるのが当然なのにも関わらず、そのような環境の職場では、連日、人柱に
よる人海戦術により、何とか社会が回っている始末。 日本では、自分のままで居る事は
許されず、あくまでも、こき使われるか、または、こき使うかの2者択一しか存在せず。
単に、その場に長く居座っているだけで、自動的に給与が上がる社会システムにもかなり
無理が生じており、無能な人材に埋もれ過ぎて、有能な人材を殺しているのが、日本社会。
そもそも、企業に入る事がゴールとしている人間が多いため、人生でのピークは、正に、
入社時のみで、後は落ちぶれ果てて行くばかり。

そのような社会であっても、全体主義を強化すれば、何とか誤魔化せていたものの、最近
では、そのほころび具合も世界的に見ても珍重で、今度は、それを隣国のせいにしては、
政府が率先して、国民への国粋主義を煽る始末。 そもそも、無能な人間に欠けている
のは、現状を正確に判断出来ていないところであり、単に好きか嫌いかだけの、いわゆる、
わびさび論に終始している時点で、幼稚極まりなし。 この国が好きであれば、何をやった
としても許されるという独自の理論は、かなり意味不明で、嫌いな事であったとしても、
やらなければならない事は山ほどある筈なのにも関わらず、それをしないのは、単なる
怠慢。

GDP-thumb

西欧社会では、社会批判が、かなりの割合で、社会的な抑止力の働きをしているが、
結局のところ、何でも肯定する事以外許されない日本社会においては、世論や民意や
社会批判が社会を動かす事すらままならず、いつまで経っても一切何も変わらず、
その場で足踏みをしているだけ。 社会や自分を変えるためには、まずは、悪い点に
気付き、そこを改善するところから始めなければならない筈が、日本では、それすら認め
ない人間が多過ぎるため、日本はこの先も、一切変わらないどころか、益々酷い国に
落ちぶれ果てるのでしょう。

ブラック企業の求人ばかりが目白押しのハローワークでは、そもそも、ブラック企業に
転職させられたとしても、特に何もしてはくれず、それを取り締まる立場である筈の労働
基準監督署に至っては、職員が足りない事を理由に、ほぼ何もしてはくれません。

ブラック企業が益々増殖して行くのは、この国自体がブラックだからに他なりません。
他国であれば、訴訟問題にもなりかねない問題でも、日本では、平然と何事もなかった
かのごとく、処理されております。 無駄なものばかり大量に存在しているのに、人権や
まともな労働環境等の必要なものが全くないのが、日本だと言う事に国民も早急に気付く
べきです。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村