ブログネタ
最新ニュース に参加中!

ユーゴスラビアは、南東ヨーロッパのバルカン半島地域にかつて存在した、
南スラブ人を主体とした国家。 かつては、東欧で最も進んだ開放路線を
歩んでいた筈のユーゴスラビアは、かつての支配国である、オーストリアと
トルコの2大帝国の置き土産とも言うべき、宗教、並びに、民族間の対立へと
発展し、その後、各民族間で、血で血を洗う泥沼の内戦へと突入。 進み
過ぎていたがために、他の東欧諸国とは一切歩調を合わせる事無く、連邦は
あえなく崩壊した。 『ユーゴスラビア』の国名の由来は、南スラヴ人の
独立と統一を求めるユーゴスラヴ運動に由来しており、『南スラブ国』
という意味。



かつて、ユーゴスラビア連邦をひとつにまとめるためのスローガンが実は
存在していたが、それは、『7つの国境』『6つの共和国』『5つの民族』
『4つの言葉』『3つの宗教』『2つの文字』『1つの国家』というものであった。
現在は、その6つの構成共和国が全て独立し、スロベニア、クロアチア、
ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニアとなって
おり、それぞれが独立国家となっている。 また、セルビアの自治州で
あったコソボは、2008年に独立を宣言したものの、コソボを承認している
国は少数に留まっており、セルビアをはじめとするコソボの独立を承認して
いない国々からは、依然、コソボはセルビアの自治州とされている。

5つの民族の定義も現在では曖昧で、まず、イスラム教徒のムスリム人を
別民族とし、かつ、アルバニア系のコソボ人、ハンガリー系のボイボディナ人が
セルビア内に混在しているため、かつての連邦内での民族の数の定義は、
あくまでも、プロパガンダ用に過ぎなかった。

4つの言葉も、言語学的に、セルビア語とクロアチア語は、同一言語とされ
ていた共産党時代とは打って変わって、以前までは、同一言語であった、
セルボ・クロアチア語は、政治的、民族的な対立によって、現在では、
セルビア語、クロアチア語、ボスニア語がそれぞれ別言語として独立しており、
更に、セルビア内には、アルバニア語話者、並びに、ハンガリー語話者も
多いため、こちらもかなり懐疑的。 

yugoslavi

3つの宗教に関しては、現在でも、正教、カトリック、イスラム教で変わらず。
2つの文字に関しては、以前までは、セルビア、並びに、ボスニアでは、
ロシア語と同じキリル文字が主に使用されていたものの、2000年以降は、
順次ローマ字への移行が進められて、現在では、セルビアやボスニアでも、
キリル文字ではなく、ローマ字が主に使われるようになったため、2つの
文字の定義も完全に崩壊した。

国名として『ユーゴスラビア』を名乗っていたのは、1929年から2003年
までの間で、実質的な枠組みとしては、1918年に建国されたセルビア人・
クロアチア人・スロベニア人王国が始まり。 その後、1929年に
『ユーゴスラビア王国』へと改名された。 1945年からは、社会主義体勢が
確立され、『ユーゴスラビア連邦人民共和国』と改称され、1991年の
ユーゴスラビア紛争までは、この体制が維持されたが、スロベニアと
クロアチアを中心とする、工業先進地域が、連邦からの独立を要求し、
セルビアを中心とする連邦政府と対立、その後、泥沼の内戦へと陥ったものの、
スロベニアとクロアチアは、内戦も最小限に留める事に成功したため、
そのまま連邦からは独立。 その後、多少遅れて、ボスニア・ヘルツェゴビナと
マケドニアも独立を宣言したため、特に、セルビア人とクロアチア人、並びに、
ムスリム人が混在していたボスニアでは、内戦が激しく、数年間に渡り激しい
戦いが繰り広げられた。

その後も連邦に留まったのは、同じセルビア人を中心とするセルビア共和国と
モンテネグロ共和国のみで、1992年にはこの2国間で『ユーゴスラビア連邦
共和国』が結成されたものの、2003年には緩やかな国家連合へと移行し、
国名を『セルビア・モンテネグロ』と改称したため、ユーゴスラビアの名を
冠する国家は無くなった。 更に、2006年には、モンテネグロが独立したため、
国家連合自体も解消され、ユーゴスラビアは、完全消滅となった。
 
svg

ユーゴスラビアの首都は、終始一貫して、現在のセルビアの首都である
ベオグラードであった。 よって、ユーゴスラビアは、セルビア人が中心の
国家であった。 これに反発したクロアチア人とスロベニア人も、同じ
南スラブ人ではあるものの、宗教の違いは超えられず、それが、怨念へと発展し、
今でも、ボスニアでは、セルビア人共和国とクロアチア人共和国の激しい
対立へと繋がっている。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村