年末に「山手線に文句を言う若者に思う」という記事を読んで、かなりドンビキものの
記事だったのだが、何故かFacebook内で、何度も見掛けたため、あえて感想を
書いてみた。

私の場合は、行った事がある国が世界35カ国、短期・長期含めて、住んだ事がある国は
全部で5カ国なのですが、そのどこと比較しても、日本が最低だと思います。 ソ連は、
確かに、物が不足しており、生活が非常に厳しかったのですが、人間が日本よりもまし
だった。 そもそも、アメリカ中心で物事を考えている時点で、かなりおかしいと思いますが、
このお方の場合は、単に海外生活に慣れなかっただけだと思います。 もっとまともな
『先進国』に住んで見てから、意見を述べて欲しいところ。

abe

海外生活をした事がある人間は、海外での生活になじめず、無意味に愛国心が芽生える
タイプと、その真逆の、日本に対して、愛想が尽きるタイプの2通りに、かなりハッキリと
別れます。 今時は、例え数分遅刻しただけでも、普通にクビになりますので、ご用心
下され(実話)。 そもそも、この人も文句が多く、その文句を言うべき相手すら間違って
いると思います。 文句を言うべきなのは、そうさせてしまっている、社会全体に対して
であり、無責任な大人です。 この社会全体を形成しているのは、わたしたち、ひとり
ひとりであるため、その根本原因に対して、ハッキリと言わない限り、何も変わりません。
但し、日本の場合は、言ったところで、何かが変わる訳ではなく、全て『マイナスな事柄』
として処理されてしまうため、話が一切先には進みません。 いわゆる、『臭いものにフタ』
状態。

フランスでは、文句のひとつも立派に言えない人間は、大人としては扱われませんが、
日本の場合は、その真逆の、一切何も言わない人間でなければ、大人扱いはされません。
自分の意見をハッキリ人前で言える個人の人間と、自分の意見を持つ事すら許されない
社会の違いと言えば、ご理解頂けると思います。 

尚、こちらの記事を読んで、感じた事としては、無意味に国粋主義者をこれ以上
増やさずに、冷静に今の日本の状況を判断出来る人間を増やさない限り、日本は、
この先も一切何も変わらないでしょう。 大災害を経験しても、一切何の教訓にも
されずに、『平和ボケ』した社会を享受し続けられるのは、ひとえに、『無責任社会』が
なせる業なのでしょう。そのためには、教育が重要になってきますが、日本の場合は、
無意味な『全体主義』は、無理やりにでも押し付けられるものの、いざという際には、
バラバラにしかならないため、助け合いは、求めない方が、賢いと思います。

これほどの治安
一部完全に中国や韓国と化している、池袋や川口の治安の悪さを知らないのでしょうか?
これほどの教育水準
ロシアやドイツと比較してしまうと、おこちゃまレベルです。
これほどの清潔な住環境
最近は、放射性物質による汚染が大問題。
これほどの勤勉で真面目な国民の多さ
大手企業のいい加減な労働環境を知らないものやら?

国粋主義者ばかりが増えているのは、日本だけではなく、世界的な兆候であるため、
そろそろ、資本主義も崩壊に近づいているのだと思います。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
にほんブログ村