私の実家がある宮城県美里町は、11年前の『宮城県連続地震』の際に、
周辺地域全てが倒壊し、震度6強連続4回という史上最大の被災地だった
のにも関わらず、被災地指定からは外され、周辺からボランティアがやって
来たのは、ものの数ヶ月程度であった。 人口が少ないという安易な理由
により、被災地指定を外されたため、当然、義捐金は一切届かなかった。

>>宮城県北部連続地震と美里町

周り全ての家屋が倒壊したとしても、結局は、倒壊家屋の件数だけで判断
されてしまうため、人口が少ない自治体は、、おちおち被災すら出来ない。
すぐ近所の小学校には、2年間だけ、仮設住宅があったのだが、丸2年間が
経過した時点で、強制的に撤去されたため、自宅の再建が叶わなかった
人たちは、皆町からは出て行った。

当時は、まだ南郷町という名前の自治体であったのだが、この時に地震の
影響なのか、すぐ隣の小牛田町と合併をして、これまでの地名とは一切縁も
ゆかりもない美里町という名前になった。

>>市町村合併

10710911_951586408192114_7851614862033733726_n
当時は、私の実家にも『倒壊判定』の赤紙が張られたのだが、私の母親は、
避難所には一切行かず、自宅で過ごした。 避難所に行くと、食事が貰えた
のだが、それすら貰わなかった。 その後の余震は、半年以上も続いたため、
常に家屋が倒壊する危険性があったのだが、そのまま家に留まった。

被災時に、被災地指定から外されてしまうと、どうなるかと言うと、倒壊家屋の
瓦礫処理が、全て自腹となりるため、私達の場合は、瓦礫処理代として、家屋
1軒につき、60万~200万円程度の支払いが必要だった。 隣近所全ての家屋が
無くなったのだが、それでも被災地指定からは外されたため、特別税制優遇
として、被災したその年だけ、年間で1,000円が免除された。 すぐ近所にある
神社とお寺も倒壊したため、檀家代として、5年間もの長きに渡り、毎年5万円
づつの寄付を取られた。 近所にある小学校と中学校に対しても、寄付を取られ
たが、その見返りとして貰ったものは、タオル1枚だけ。

>>被災から4年が経過した石巻の状況

その際に、すぐ隣の自治体である石巻は、全く無事だった。 より正確に言うと、
旧河南町の部分だけ被災し、その他、旧来の石巻市内は無事だった。 相当
大規模な地震が連続で起きた割には、死者が1人も出なかったため、その後は、
全て忘れ去られた。

東日本大震災のように、大量に死者を出して、3年半以上経過しても、未だ
忘れられないのと、家が地震災害で無くなったとしも、ものの数ヶ月間だけで
忘れ去られるのとでは、どちらがましなのかと、常々考えているのだが、石巻の
人たちに、この事を言っても、当時の事を殆ど覚えてはいないため、如何に人事
としてこちらの災害を捉えていたかが良く分かる。

こちらもすぐお隣の自治体である、東松島市と松島町は、この時に美里町と
一緒に被災したため、当時の状況を良く覚えているのだが、こちら側と石巻との
関係が完全に溝になっている事を知っているのは、地元以外の人間では居ないと
思う。

>>【4年経過した】東松島市野蒜地区の被災状況

石巻の人たちは、自分たちが一番不幸だと常々言っているが、それでは、完全に
見捨てられた我々はどうなるのかと、言い返してやると、何も答えられないのは
何故なのだろう。

宮城県連続地震の際の災害が縁となって、現在、美里町と東松島市は、災害協定を
結んでいるのだが、東日本大震災が発生した際には、美里町も被災地に指定された
ものの、被災地の中では最も被災度合いがましであったため、真っ先に東松島市の
救援活動に入ったのだが、災害後に設置されていた美里町内の東松島市の仮設住宅は、
災害から丸三年を経て、全て撤去された。

>>東北電力女川原発

美里町は、東北電力女川原発の30キロ圏内に一部入るのだが、その場所は、私の
祖父の実家がある場所で、私の実家自体は、原発からは、ギリギリ30キロ圏外の
32キロの場所にある。 女川原発自体も、福島第一原発同様、地震により、
非常用電源回路が消失したため、爆発し掛けたのだが、日本の中央メディアは、
その事を一切報道しなかった。

【お勧めの一冊】


>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村