カトリック、プロテスタントと並ぶ、キリスト教の世界三大宗派とされている、
東方正教の国々が、全て合体すると、このような図となる。 ロシア文字と
されている、キリル文字は、元々は、ギリシャ文字を改良したもの。
マケドニア(当時は、ブルガリア領)のキリル兄弟が考え出した文字で、
その後、正教世界へと広がった。

10730842_10153767210503539_1173558740279443396_n

この色付けされている国々の殆どは、キリル文字を使用しているが、その後、
ルーマニア、モルドバ(ルーマニア語と同じだが、ソ連末期までは、キリル
文字を使用)、セルビア(一部ボスニア)がローマ字へと変更している。
セルビア語とクロアチア語は、宗教の違いにより、文字が異なっており、
それを理由に別言語と言う事が出来たのだが、今では、政治的な対立により、
セルビア語、クロアチア語、ボスニア語の3つに分裂している。 元々、
この3つの言語は、方言程度の差すらなく、ほぼ同一言語。 よって、
旧ユーゴの時代は、セルビア・クロアチア語、セルボ・クロアチア語、または、
ユーゴスラビア語と呼ばれていた。

この他にも、仏教国である、モンゴルでもキリル文字が使用されている。
これは、ソ連時代に、最も親ソ連路線を取っていた名残。

>>トップページに戻る





クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村