アメリカとヨーロッパは、ウクライナ政府によるドンバスでの自国民の殺戮を完全に
隠している。 日本で『親ロ派』と呼ばれているのは、実は、ウクライナ国内に住んで
いるロシア系住民の事。 極々一部は、確かに武装しているのだが、その他は、
単なる一般市民、旧ソ連の時代は、ウクライナ人を支配する、支配者層であった
人達を指している。

ウクライナ内戦による死者数は、つい最近まで、死者2,200名と言っていたのだが、
あっという間に2,500名を超えた。 これまで、ご都合主義のアメリカのメディアは、
この事実は、完全に隠していたのだが、アメリカメディアもようやくウクライナ東部
地域での惨状を報道し始めたのか?



1990年代、アメリカを中心とするNATO軍は、コソボの独立を認めないとして、
旧ユーゴスラビアの中心国だったセルビアの首都ベオグラードを空爆したが、
コソボの独立を認めなかったセルビアのミロシェビッチとクリミアの独立を認めていない
ウクライナのポロシェンコの具体的な違いは何なんでしょうか? コソボの独立を
認めずに空爆されたセルビアと、クリミアの分離独立とウクライナの連邦制以降を
一切認めずに、『悲劇の国』扱いのままのウクライナの具体的な違いは、アメリカが、
どちらの国の見方をしたかだけの差だと思う。

マレーシア航空機撃墜に関しても、アメリカ側は、ロシア側からの再三の要求に
対して、何一つ具体的な回答は行わなかった。 この時点で、アメリカがウクライナに
政治的に関与していたことが裏付けられると思われるのだが、日本のメディアは、
こぞって、クリミアに関す情報にアメリカの湾曲した情報を織り交ぜてくるため、
始末に負えない。

>>トップページに戻る



クリックをお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村