横浜通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

記事カテゴリーに CIS独立国家共同体(旧ソ連邦) 他を追加しました♪
    横浜通詞】横浜、大阪、仙台にある多言語翻訳会社
    多言語を専門とした翻訳会社を運営しています。 日本語⇔英語の他にも、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語、中国語、韓国語他、世界80言語以上に対応しています。 お気軽にお問い合わせください。

    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    本日は、NEXT GATE.LINKという初めて開催されたライブイベントがあり、赤坂BLITZへと
    出掛けた。 白井貴子さまの計らいにて、無料ライブとなったこのイベントでは、更に、Tシャツ
    まで貰う事が出来た。
    IMG_6618
    横浜と仙台のBLITZは、既に閉鎖されているのだが、TBS直下にある、赤坂BLITZは、
    今のところ、まだまだ健在。 この赤坂BLITZの前は、冬になると、毎年、スケートリンクとなる。
    カナダで購入した、スケート靴を持っていたのだが、古くなったため、引越しの際に捨てた事が
    悔やまれる。

    今回のお目当てのアーティストは、中西圭三と、白井貴子♪ 良く考えて見ると、私の
    白井貴子暦は、ロシア語学習歴と全く同じなので、来年で32周年☆ 時の経つのは早いもので、
    当時は、ゴルバチョフ書記長もまだ登場してはおらず、チェルネンコ書記長の時代であった。
    中学時代に、生まれて初めて行ったライブは、白井貴子だった。 当時の人気は絶大で、
    仙台市民会館に来た時の事を今でも思えています。 もう一方の中西圭三ですが、大学時代は、
    正にこの人の曲ばかりを聞いており、このお方に憧れて、札幌から車で岡山まで全部下道で
    行った事もある。 最後は、この御両名が同じステージに立ち、Chu Chu Trainを歌うという、
    夢のようなステージだった。 午後6時に始ったイベントが終了したのは、夜も深けた午後9時半
    過ぎの話し。
    event_img4
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本のマイナス面と真っ向向き合って勝負をしているため、最近では、何かと社会批判
    ばかりをしているのだが、『人の振り見て、我が振り直せ』という諺にもあるように、己の
    マイナスに気付かない者は、他人を批判する資格はそもそもない。
    82E6AEBAE3819B
    最近何かと話題の『ヘイトスピーチ』なのだが、元々、『弱い者虐め』が根底にあると思う。
    相手を受け入れられない人間は、相手からも受け入れられず、自分ばかりを押し付けて
    いると、いつしか、それが凝り固まって、更には、本来、良いものである筈の『愛国心』と
    合体して、『極右』と化している事に全く気付いていない。 愛国心とは、簡単に変化するもの。

    元々、日本はわびさびという右脳文化のため、単に好き嫌いだけでものを語っている人間が
    極端に多いのだが、個人的には、そのような感情は、無用なものだという考えであるため、
    感情ではなく、データでものを語って欲しいところ。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2011年から続く貿易赤字。 その赤字額が年々増加していることはニュースで度々取り上げ
    られている通りだが、2014年上半期の貿易赤字は5兆円を超え、またも前年同期を上回った。

    財務省が2014年11月22日に発表した2014年度上半期(4~9月)の貿易統計速報
    (通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は5兆4,271億円の赤字と
    なった。 赤字幅は前年同期(4兆9,963億円)を上回り、比較可能な1979年以降、年度
    上半期で過去最大を更新した。
    8d35c29762
    日本の貿易赤字の最大の原因は、円安を背景に、海外へ出て行った日本企業の海外工場で
    生産している製品を日本へ逆輸入している事が最大の原因。 スーパー等で販売している
    製品の裏側を見ると、『Made in Japan』は、既に殆どない事にすぐに気付く。

    この自称国際企業は、この先も、税金対策や、人件費の問題等を理由に、日本へは戻っては
    来ないため、この先も、日本の貿易黒字は望めない。 大手企業に限って、どんどん、より
    安価なアジア市場へと出て行ってしまうため、日本全体の国力の低下は否めない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2014年12月6日より、仙台市交通局では、交通系のICカードである『Icsca』が導入と
    なります。 導入当初は、市営地下鉄南北線のみで利用可能となり、来年度の地下鉄
    東西線開業時に、東西線、市営バス、並びに、宮城交通バスでの利用も可能となり、
    2016年春からは、関東で既に導入済みの『Suica』との相互利用が開始されます。
    20141014-00000034-rps-000-view
    関東では、このICカードが利用出来る自動販売機が、既に多数存在していますが、
    いわゆる、電子マネーの方が、現金よりも、わざわざ銀行まで赴いて現金を引き落とす
    手間が省けるため、断然便利。 ここで問題になって来るのが、その他の電子マネーとの
    互換性なのですが、『Suica』の場合は、『Pasmo』との互換性はあるものの、現在の
    ところ、『Edy』『Nanaco』『Waon』他のプリペイドカードとの互換性はありません。
    よって、イオングループでは、『Waon』以外は使えず、セブンイレブンでは、『Waon』は
    使えず、マクドナルドで、『Suica』は使えずと、各社間での縄張り争いが非常に激しく
    なっております。

    電マネーは、非常に便利であるため、それぞれの垣根を取り払って、全国どこでも、
    全てのICカードが使えるようにした方が便利なのですが、そうすると、今度は、銀行が
    バタバタと潰れるので、やはり、止めて置いた方が良いのかも知れません。 基本的に、
    現金は一切使わない主義なので、現金しか使えないお店の場合は、よほど値段が安くない
    限り、カードが使える場所まで行くのですが、今後、JR等でも、各社間の垣根を全て取り
    払って、全てタッチ・アンド・ゴーで改札を通れるようにすれば、職員の削減にも繋がり、
    更には、予算の削減にも繋がるため、企業としては、願ったり叶ったりなのでは?
    但し、そうなってしまうと、人間様の居場所がなくなってしまうため、機械化は、ほどほどに
    して止めて置いた方が無難なのか?

    企業での給与の支払い方法も、流通形式が全く目に見えない電子マネーにしてしまった方が、
    業突く張りな人間を減らせるのかも知れません。 現在の社会では、お金とは、単なる
    万能なクーポン券に過ぎない事をすっかりと忘れ去っていると思います。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    東北はどこも同じと思われている方たちも大勢いると思うのですが、東北は、太平洋側と
    日本海側、また、南と北で、ほぼ共通点がないほど異なります。 まず、大きく異なるのは、
    気候、方言、県民性。 特に、一番異なるのは方言。 同じ県内と言えども、各地で非常に
    異なるそれぞれの方言で話した場合、ハッキリ言って、全く意思の疎通が出来ません。 

    宮城県の場合は、太平洋側に面しているため、気候が温暖で、雪が余り降りません。 夏は、
    太平洋側に開けた平野にあるため、さほど暑くはなりません。 よって、仙台は、日本全国の
    都道府県庁所在地の中でも、最も寒暖の差がない都市。 そこそこ田舎で、そこそこ都会、
    これが宮城県です。 海も山も車で30分程度あれば、十分行ける距離にあります。 冬は
    晴れの日が多く、『伊達62万石』と外面的には名乗っていたものの、実際の石高は、
    その後の大規模干拓により、その4倍程度あったため、食料難には直面した事がなく、他の
    東北では、飢餓やら飢饉やらに悩まされておりましたが、そんものは、他国でのお話。
    食べ物に関して、みみっちい事は一切申しません。 よって、お客様が来られた際には、
    両手に溢れるばかりの農産物を持たせてやるのが、しきたりとなっております。

    一般的に、寡黙で真面目、かつ、雪が多く、暗いイメージが常に付きまとう東北ですが、
    宮城県の場合は、この条件は、ひとつも当てはまりません。 よって、そこに住む人たちも、
    陽気でおしゃべり、かつ、ありえないぐらいのお笑い好きw 普段喋っている内容を分析
    すると、その約40%程度は、ボケに費やされており、しかも、相当な早口。 黙っていると、
    相手がボケまくって来るため、こちらも、負けじとボケてやらねばなりませんw ここで関西
    とは決定的に異なる点としては、ボケに対して、ツッコミを入れると、ドンビキされるため、
    まずは、様子を見ながら、適度にボケてみましょう。 そこから、徐々に調子の波に乗って、
    人前で、平気で大ボケをかませるようになったら、あなたは、もう立派な宮城県民ですw

    宮城県と一番感覚が似ているのは、福島県なのですが、福島の人たちは、ボケ方が
    足りません。 言っている内容は、ほぼ理解出来ますが、アクセントが平板であるため、
    東北の中では、最後の最後まで、訛りが抜けません。 宮城県の南側は、この福島とほぼ
    同じ方言です。 山形県の人に至っては、宮城県とは、性格が完全に間逆です。 よって、
    宮城県民が、たった30キロ程度しか離れていない山形県に赴くと、異国の地に立たされた
    ような気分になります。 しかも、山形県の場合は、気候も全くの間逆。 『トンネルを抜けると、
    そこは雪国だった』を地で行っているのが、山形県。 岩手県の場合は、しゃべり方が、
    全体的におっとりとしているため、個人的な見解としては、東北の中で一番親切な人が
    多いと思います。 朝ドラでも有名になった、『あまちゃん』そのものの人たちが多いと
    思います。
    tohoku
    宮城、福島、山形、岩手、いわゆる、東北4県の場合は、お互いの方言で喋ったとしても、
    かなりの割合で理解可能ですが、問題は、秋田と青森。 既に日本語の域を相当逸脱して
    いるため、全くの理解不能レベル。 良々聞くと、何となく理解出来るのですが、基本的に、
    標準語で喋らないと、後で泣きを見ます。

    ステレオタイプな人の場合は、仙台は断然青森に近いと思っておりますが、実は、仙台は、
    東京と青森どちらへも350キロ程度の完全中間地点にあります。 最近では、都市化が
    進み過ぎて、方言すら全く使わなくなりましたが、余りにも度が過ぎて、今度は、方言が理解
    出来なくなりました。 30代~60代に掛けては、100%標準語と仙台弁のバイリンガルが
    多いのですが、そこまで言葉に拘っていない人の場合は、どちらか一方だけしか喋れません。

    現在、仙台弁のネイティブは、宮城県民全体の3分の1程度にまで減少しています。 昔は、
    方言の事を恥ずかしいとしか思いませんでしたが、最近では、自分たちの本来の言葉を
    次の世代に正確に残さなければならないと考えています。 言葉とは、単なるツール
    ではなく、心や伝統を伝えるものです。 伝統文化を守るように、方言も後世に語り継いで
    行かなければなりません。 日本の中でも、一番消滅の可能性が高い仙台弁の場合は、
    尚更です。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    昨日ご紹介致しました、転落防止フェンスなのですが、その設置も空しく、本日も
    京浜東北線の人身事故により、電車が遅れております。 通勤時間ですら、週に
    2~3回ほど、このような場面に直面するため、日中も含めると、かなり頻繁に飛び込み
    自殺が起きています。 本気で自殺を考えている人の場合は、踏み切り等から、線路に
    侵入するため、駅で飛び込む人の場合は、『俺の死に様をとくと見やがれ』と思って
    いるのかも知れません。 または、発作的に電車が来たからついというのも理由の
    ひとつだと思います。 尚、このようなニュースは、殆どテレビでは報道されないため、
    このまま闇に葬られますが、これが関東の現実です。

    既に政府に買収されていいる報道機関に至っては、好景気のプロパガンダを世間に
    流す事に懸命になり過ぎているため、現実を全く見ておりません。 尚、この場所は、
    横浜市営地下鉄ホームですが、英語のアナウンスは、『The Keihin Tohoku line,
    we are accepting passengers.』のみとなっており、『人身事故』とは、ひとことも
    申しておりません。

    Yahooで調べたところ、飛び込んだ時間帯は、14:46頃と記載されてるため、かなり
    派手にひき殺した模様。 今現在遅れが出ているのは、湘南新宿ライン、宇都宮線、
    高崎線、埼京線となっています。
    IMG_6610
    IMG_6612
    IMG_6611
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    山手線、東京メトロ、並びに、首都圏の主要駅で、最近見掛けるようになった、
    『転落防止フェンス』・・・とは名ばかりで、実際のところは、自殺が余りにも多過ぎたため、
    自殺防止のために導入された自殺防止扉。 通勤時でも、週に2~3回ほどは必ず
    飛び込み自殺に遭遇すのだが、鉄道会社のアナウンスによれば、単なる『接触事故』。

    遺体の回収も、『負傷者の救護』としか言わない。 完全に轢殺してしまった場合、
    約1時間半ほど電車が全て止まるため、通勤時にこれに出くわすと、朝からとんでもない
    目に会った気分。 以前、埼京線の通勤ラッシュ時に飛び込み自殺が起きてしまった
    ため、車内は、ギュウギュウ詰めの状態であったため、斜めにしか立てず、その状態で
    1時間半も立ち往生し、朝からぐったり。

    東京の場合は、天候よりも、自殺で頻繁に電車が遅れるのだが、それでも、遅刻とは
    みなされず、遅刻扱い。 よって、乗り換え時などは、皆凄まじい勢いで、階段の上り下りを
    行うため、むしろ、危険。 たった1分の遅刻だけで、30分時間が引かれる事も珍しくは
    ない。 今となっては、正社員でも交通費が、月額2万円までが相場だったりするため、
    朝から決死の覚悟で職場に臨まねばならないのが悲しい。 いい加減、遅刻しないため
    だったら、死んでも良いぐらいの勢いとなっているため、関東にお越しの節は、ドンビキ
    されませぬよう、くれぐれもご自愛下さい。

    一説に寄れば、日本の『自殺』は、遺書がなければ、成立しないため、実際のところ、
    年間で9万人程度が自殺で死亡しているのだとか。
    P1230839
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    アメリカのくびきからいつまで経っても脱出出来ない日本は、今でも戦後が終ってはいない。
    戦後自分の見方に付けた国々を全て『白痴』という状態にし、今最も横暴な政治を
    行っているのは、冷戦に勝利したアメリカ。
    2013123102410281d
    カナダ人は、基本的にアメリカが嫌いなため、アメリカが言い出した事に対して、真っ先に
    異を唱える国は、その大概においてカナダとなっているのだが、カナダに移民して来る
    人たちの中で、アメリカ人の割合がかなり高いという事も、日本では伝えてはいない。
    カナダとアメリカは、一見同じに見えるのだが、全く違うという点においては、ロシアと
    ウクライナとの関係に似ている。

    ドイツとオーストリアの関係も、これと似ているが、オーストリア人は、そこまで、ドイツが嫌い
    ではない。 隣同士の国は、大体どこも仲が悪いのだが、それは、似て非なるものを許せない
    ため。 日本とアメリカのように、全く似ても似つかないものであれば、諦めどころか、
    憧れに変わるのだが、日本と韓国のように、端から見ていると同じ、但し、中身は全く異なる
    場合は、『同属嫌悪』となるため、許せなくなる確率が大幅に上がると言える。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    アメリカのくびきからいつまで経っても脱出出来ない日本は、今でも戦後が終ってはいない。
    戦後自分の見方に付けた国々を全て『白痴』という状態にし、今最も横暴な政治を
    行っているのは、冷戦に勝利したアメリカ。
    2013123102410281d
    カナダ人は、基本的にアメリカが嫌いなため、アメリカが言い出した事に対して、真っ先に
    異を唱える国は、その大概においてカナダとなっているのだが、カナダに移民して来る
    人たちの中で、アメリカ人の割合がかなり高いという事も、日本では伝えてはいない。
    カナダとアメリカは、一見同じに見えるのだが、全く違うという点においては、ロシアと
    ウクライナとの関係に似ている。

    ドイツとオーストリアの関係も、これと似ているが、オーストリア人は、そこまで、ドイツが嫌い
    ではない。 隣同士の国は、大体どこも仲が悪いのだが、それは、似て非なるものを許せない
    ため。 日本とアメリカのように、全く似ても似つかないものであれば、諦めどころか、
    憧れに変わるのだが、日本と韓国のように、端から見ていると同じ、但し、中身は全く異なる
    場合は、『同属嫌悪』となるため、許せなくなる確率が大幅に上がると言える。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    極めて純朴愚直な男ではあるが、最後には幸運を手にすることが多いという、なかなか
    奥の深いロシアの児童文学。 今の時代は、いかなる手段を使ってでも、金儲けをした者が
    勝者と称されているのだが、正直者が日の目を見る日は、果たして、再びやって来る
    のだろうか?
    10659406_956650157685739_306872557045863102_n
    日本は、戊辰戦争の末路を見ても分かるが、卑劣な手を使ってでも、勝利を収めれば、
    それが正義とされてしまうため、この根本的な考え方を改めない限り、日本は資本主義に
    滅ぼされると思います。 何でも良いようにしか物事を捉えられないように骨の髄まで
    教育をされているため、社会批判は、全てマイナスと捉えられ、今では文句を言う事すら
    許されない。

    このイワンのバカは、仙台に実在した福の神、『仙台四郎』の話と非常に似ています。
    よって、仙台の場合は、東京とは異なり、実益よりも、正直さを選ぶ方が美徳とされています。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    宮城県の被災状況は、やはり、地元出身者ではない人は、余り強くは語れない。
    宮城県は、元々、半分程度が仙台弁のみで話している地域であるため、仙台弁が
    完全に理解出来ないと、完全に中には入って行けない。 しょせん、ヨソ者扱いを
    されるだけ。 このヨソから来た人達は、周囲を気にする余り、地元の人間に
    対しては、余り強くは言えない。



    被災者の被害者意識は、増大するため、自分だけが被害者だと思いがちだが、
    それは間違っている。 今でも、内陸部では、沿岸部を見たくないと言う人が
    多数居るが、今の現実を完全に受け止めて、この先、この事を一生忘れるなと
    言いたい。 石巻が一番地獄を見たのも十分知っているが、それでも、もう少し
    だけ、周りを見てくれても良いと思う。

    被災地で、略奪はなかったと言う話は、全くのウソで、実際の被災後は、略奪
    だらけだった。 それでも、東北には優しい人が多いため、警察には届けな
    かったり、逆に、困っているのであれば、持って行って下さいと言った人が
    多かった。 宮城県内では、遺体を燃やすための燃料が足りなかった時に、
    関東では、放射能汚染瓦礫受け入れ反対と言っていたことを一生忘れては
    いけない。 最大被災地である石巻では、遺体がまだ道端に転がっていた時期に、
    関東では、『カラオケ如何ですか?』と言われた事もこの先一生忘れない。



    3月12日に、石巻に救助に来ている外国人の通訳を依頼されたのだが、
    被災度合いが余りにも凄まじ過ぎたため、結局は、石巻までは行けなかった。
    被災当初は、飛行機しか移動手段がなかったため、ようやく実家に帰れたのは、
    新幹線が福島まで再開したゴールデンウィークだった。 それまでは、親とも
    一切連絡が取れず、関東には、詳しい情報もなかなか入って来なかったのだが、
    福島県内では、放射能の話題がタブーのように、宮城県内では、死亡した人の
    話題がタブーであるため、今でも自分の友人、同級生、知り合い、親戚、その他
    諸々、誰が死んで、誰が生きているのか、詳しい事は分からない。 知った
    ところで、どうする事も出来ないので、あえて、聞かない様にしているのも事実。



    『がんばっぺし』という言葉を良く目にしたり、耳にしたりするが、一番言って
    やるべき言葉は、『あんだも頑張らいん』だと思う。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    西ヨーロッパ以外許さないという、独裁主義的なキエフ政府は、何とかならないものか。
    キエフ政府は、ロシアは何もかもダメで、ヨーロッパだけが善としているが、そもそも、
    ロシア人とウクライナ人は、ほぼ同じルーシ人という民族で、単に支配者がモンゴルと
    ポーランドに分かれたため、国も分かれただけ。 元々は、キエフ・ルーシという統一
    国家であった。

    キエフ政府は、、ドイツ人もフランス人も、東欧の人間がそもそも嫌いな事を知らないのか。
    1512401_10152842775919766_2785205822951807830_n
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    安倍内閣は、完全に末期状態。 次々に議員達の不祥事を暴かれて、最近では、町を
    歩いていても、右翼が目に見えて増えてきた。 国会を空転させているのは、野党では
    なく、安倍内閣の不祥事なのでは。
    1378036_574015126061581_5507788637897129476_n
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本のGDP成長率マイナス7.1%は、かなり前から話題になっているのだが、
    愛国主義の極右の人間の目には全く入らない模様。 何故なら、全て韓国と中国の
    せいだから。

    最近、また求人が極端に減って来たが、特に何の報道もなく、未だに景気が上向いて
    いるとか、雇用状況等を全く把握していない寝言ばかり。 安倍首相は、被災地にも
    年に数回来ているのだが、毎回自分に都合の良い場所しか訪れず、特に被災度合いが
    酷い場所には行かないため、特に行かなくても良いと思います。
    BxA2SnUCMAA_GDH
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    最近の日本のブラック企業は、外国人を法外な報酬で雇っており、中国人に限らず、自分達
    よりも下等な民族だと判断した場合、まともな報酬は支払わない。 最近では、ファミレスや
    コンビにでも、中国人と韓国人の店員が極端に目立つようになったが、既に日本人の人件費
    では、やって行けないため、安い外国人労働者を雇用しているものと思われる。
    10698698_853513461366217_1857691506416520940_n
    六本木等の水商売でも、ロシア人がかなり働いているのだが、大概そのような場合は、ヤクザ
    絡みで、日本では考えられないような安い報酬しか貰ってはいない。 それでも、国に帰れば、
    かなりましな報酬であるため、半ば泣き寝入り状態となっている。 そのような状況とはつゆ知らず、
    鼻の下を伸ばして、ホイホイと外国人のお姉ちゃんに会いに行っている日本人の男達も相当
    どうかと思うのだが。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ