東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b 『我孫子ゲストハウス』の運営も行っております。



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    I’m participating in blog ranking, please click the following buttons!
    Je participe au classement des blogs, veuillez cliquer sur les boutons suivants !
    Ich nehme am Blog-Ranking teil. Bitte klicken Sie die folgenden Schaltflächen!
    Я участвую в рейтинге блогов, пожалуйста, нажмите на следующие кнопки!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本以外で、ロリコンを見た事がないのだが、日本のロリコンは、過剰な商業
    主義の結果として生み出されたものであり、知らず知らずのうちに、刷り
    込まれて、アイドルは、〇んこをしないだとか、ありもしない偶像化を
    メディアを通して、全面的に推し進めた結果、自己満主義の人間が大量発生し、
    今では、既に社会権を得るまでになっている。

    1376429_958402804177141_2987318337483273093_n

    動物界においても、オスは、基本的に若いメスが好きなのだが、ロリコンの
    場合は、いわゆる、発達障害とも分析する事が出来るため、これからのご時勢、
    高齢化が更に加速度を増して行くため、超熟女ブームを作り出した方が、
    人口比的に、金になるのでは。

    秋元康らによって作り出された、この一過性のブームは、乗せられる男も相当
    どうかと思うが、操られている女の方も相当バカなので、バカのバカし合い
    と分析する事も出来る。 似たもの同士がくっついているだけなので、別に
    どうでも良い話題なのだが、それを海外に輸出して、『クールジャパン』とかは、
    是非とも止めて欲しいところ。
     
    お寒い国の稚拙なノリは、海外では一切通用しないと、いい加減気付くべき
    なのでは。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    関東の電車に乗っていると、立ちながら寝ている人に少なからず遭遇するが、通勤時間が
    片道2時間などという話は、特に珍しくはなく、会社に到着する前に、疲れ果ててしまう。
    これでは、労働生産性が上がる訳もなく、それでも、当然のように電車に揺られる日々が続く。
    20dd-1
    そのような状況下でも、仕事があるだけ相当ましな方で、関東では、ブラック企業が幅を
    効かせているため、まともな雇用条件すら既に存在せず、ブラック企業の社畜に
    すらなれずに、不安定この上ない身の上で、この先も一生過ごさなければならないという
    不安と日々戦わなければならない。 この先も超高齢化社会の日本で生きて行かなければ
    ならないと考えると、先が全く見ず、いっその事、日本から出て行った方が賢いと常々
    考えているのだが、この国は、そんな余裕すら与えてはくれないため、既に、日本から
    出て行く事すらままならない。



    国民には、ギリギリ生活出来るだけの報酬を与え、後は、生かさず殺さずがこの国の
    理念だと思う。 それを愛国心で誤魔化しては、自分達だけのうのうと暮らしているのが、
    世界の権力者。 『パンがなければ、お菓子を食べれば良い』と言って断頭台の露と消えた
    マリー・アントワネットの時代とさほど大差はないため、この国には、民主主義など存在
    した事がない事が良く分かりる。 火縄くすぶるバスティーユ、フランスで自由を求める
    革命が起きたのは、1789年の話し。 今は、既に2014年となっているが、その当時と
    一体何が違うのだろうか。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    原発事故発生当時、民主党官房長官であった枝野氏は、国民に対しては、
    『ただちに問題はない』とする一方で、自分の妻子だけは、シンガポールへと逃がした
    人物。 その妻子は、今でも日本へは帰って来てはいないのでは?
    10685561_601314649998351_1925152610778066510_n
    東北大学の出身であるため、仙台に4年間も住んでいたのだが、被災地を完全に
    見捨てた恩知らずな人物。 嫁の実家に転がり込んでいるマスオさんであるため、
    埼玉5区からの立候補となっている。 前回の選挙の際には、枝野の選挙区である
    埼玉5国に住んでいたため、皆でデモをして、落とそうと頑張ったのだが、力及ばず、
    再選となった。 一体誰がこんな人物に投票しているのか、疑問しかわかない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本の大学の教育レベルは、海外と比較すると、中学生レベルで、大学生の
    会話からも、それが見て取れる。 やる気のない学生にとっては、楽園のような
    遊び場だが、やる気のある学生にとっては、単なる地獄。

    日本の大学教育のダメなところは、実践とは一切関係のない自己満な授業ばかり
    しているところ。 よって、社会に出てからは、その知識が一切役には立たない。
    これは、大学教授自体に、社会経験がないところから来ており、大学の教授は、
    最低でも、10年以上の社会経験を積んでからなるべき。

    大学教育のレベルを上げない限り、この国の教育水準は上がりらない。 元々、
    暗記問題ばかりで、その応用は一切問われないため、一夜漬けだけでどうにでも
    出来るのが、日本の試験の悪いところ。

    116c54253b

    出典:大学で簿記3級を教える事は正しい
    ■中学校の勉強をやり直す大学生が多数。
     
    3年も前になるが、日本橋学館という大学の授業内容が中学校レベルだと
    話題になったことがある。句読点の使い方や分数・少数の計算を教えて
    いたからだ。あまりにもレベルが低すぎる、大学生に教えることじゃない、
    と徹底的に非難(バカに)された。しかし学長はそれに対して「学力が不足
    する学生に補修を徹底して行う事が本学の特色だ」と反論した。

    加えて、公表されていないだけでそういった補習授業は難関校も含めた
    ほとんどの大学で行われているという。

    現在の大学進学率は日本全体でおおよそ50%程度だ。これは近年急激に
    上昇した。 70年代からバブル期の90年頃まで20%台半ばを推移していた
    のだから、20年で30%も上昇したことになる。現在40歳~60歳位の人が
    大学に通っていた頃、大学は明らかに「頭の良い人」が通う場所だった。
    もっと上の世代では「エリート」が通う場所だったと言っても過言では
    無いだろう。

    それに対して現在は全国平均で半数以上、東京に限って言えば65%と
    なっている。これは頭が良い・悪いと関係なく、就職をする、目的意識を
    持って専門学校に行く、経済的に大学に行けない、といった人を除けば
    ほとんどのワカモノが大学に入っていると言える。進学率が1割とか2割の
    時代と全く違うということだ。つまり「大学生」というくくりは「ワカモノ」という
    くくりと同じ位にほとんど意味が無いものとなっている。

    したがって先ほどの反論は一部の人には当てはまるけど、当てはまらない人も
    沢山居る、ということになる。 小学校の掛け算九九でつまずいて、大学に
    入ってから中学校の勉強内容をやり直している人に、シェイクスピアの
    機微を英語で理解するとか、経営学でポーターのファイブフォースが
    ウンヌンといった授業をする事がどれだけ無理のある話かは言うまでも
    ないだろう。
    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    止められない、止まらない、まるで、カッパえびせんのキャッチフレーズのような日本の
    公共事業。 被災地における、震災復興建設事業のその殆どは、地元の建設業界を
    完全無視して、中央資本の大手ゼネコンばかりが事業を受注したため、東日本大震災
    での最大の被災地の石巻では、実際は、取り壊す必要性がない建物ですら、全て取り
    壊されて、今では、一切何もない更地になった。 これは、中央資本のマンモスゼネコンが、
    大々的に、新規での工事を受注するために、何もかも取り壊したと見る事が出来、恐らく、
    政治献金を使って、政府を買収したものと思われる。 その証拠に、被災地に行くと、
    あちこちに『鹿島』という名を掲げた工事現場ばかりが目に付く。
    0555662
    建設マフィアらによる公共事業の『甘い蜜』の奪い合いは、今に始ったものではなく、
    かなり以前から存在するものだった。 石巻では、倒壊家屋に押し潰された遺体は、
    7月まで重機がなかなか市内に入って来なかったため、約4ヶ月間もそのままにされた。
    これは、元ピースボート代表の辻本清美が、県境で重機を止めていたと噂されている
    のだが、そのピースボートは、石巻市内のボランティア事業で、相当な利益を上げている。
     
     
     
    ピースボートは、被災当初、ボランティアの参加費用として、1人に付き、6,000円程度を
    徴収していたのだが、、恐らく、これにより、かなり莫大な利益を手にしたものと思われる。

    私は、この事実を被災直後から知っており、特に自分の地元であったため、尚更悲しく
    なったのだが、何も知らない人たちの『誰かの役に立ちたい』という純粋な想いを利用して、
    利益を得るのは、もう止めるべきだと思う。 結局バカを見るのは、何も知らない正直者
    だけなのではないかと思う。 わざと国民を白痴化し、隙間産業と称して、お金を巻き上げて
    いるようにしか見えない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    福島は、この動画を見ても分かる通り、被災後も見た目が特に変わった訳ではなく、
    目に見えない放射線を完全無視すれば、元の生活そのままとなっている。

    福島県は、15メートルの津波が来たとして、原発が破壊されたと言い張っているものの、
    7メートル弱の津波で何もかも破壊された宮城県石巻市内の状況を見る限り、その津波の
    高さは、絶対にウソと言い切れる。 しかも、被災時に、海外で「これがフクシマです!」と
    紹介された津波の画像は、ほぼ全て、宮城県内のもので、肝心の宮城県の災害状況は、
    ほぼ無視された。

    原発20キロ圏内での【川内そばまつり】の様子


    福島県内で、0.30ミリマイクロシーベルトは、かなり線量が低い方だが、石巻近辺では、
    6,000人以上が死亡し、両親どころか、親類縁者の多くが死亡した子供も多々居たが、
    震災孤児となった子供たちを完全無視している現実の方が、極度にアメリカ寄りの
    報道だと言わざるをえない。
    95f3f46c
    アメリカは、どうして、宮城県内の被災状況を正確に報道してくれなかったのか、
    今でも疑問が残る。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    民主党時代の安住前財務大臣が、円高を防ぐために、何度も口先介入を試みた際には、
    円高に対して、全く効果がなかったのだが、自民党に政権交代した途端に、どんどん円安に
    ばかりなるのはなぜなのだろう?
    b4bcd8574240137
    2000年時点での米ドルは、約140円前後で、当時の加ドルは、約70円、出来立てのユーロは、
    米ドルと大体同じ位のレートだったのだが、そこから考えると、円安ではなく、米ドルだけ妙に
    下落しているのが良く分かる。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    社会主義は、その考え方自体は、間違っていなかったと思うが、その実践方法が間違っていた。
    働いても、働かなくても、給料は同じ。 社会福祉が行き届き過ぎて、極論を言ってしまうと、
    働かなくても、絶対に死なない社会であった。 何もかも『自己責任』とされてしまう資本主義
    よりも、優しい社会であったが、競争性を排除した社会であったため、『停滞』が原因で、ソ連は
    崩壊した。 何も前進しない社会に未来はないということなのであろう。

    この先、日本が、このまま、商業主義的な資本主義を貫く気なのであれば、既に社会全体が
    限界に達している事をハッキリと自覚し、適度な進路変更を施すべき。 金儲け最優先主義は、
    世の習いなれど、歴史は繰り返すので、隣国ソ連の崩壊を人事とはせずに、次は、自分たちの
    番である事を常に意識すべき。
    1932463_975643039129064_256312708944339336_n
    ソ連の標章にもなっていた、鎌とハンマーは、農業と工業の融合を表しており、これらを組み
    合わせてることで、農業労働者と工業労働者の団結を表したものとなっている。 

    『全世界の労働者階級たちよ団結せよ!』は、ソ連の紋章にも書かれていた、マルクス・
    レーニン主義の象徴。 今では、その労働者階級も、既に社蓄と化しているこの日本では、
    変革を望む方が無理な話なのか。 『ソビエト社会主義連邦』、それを省略して『ソ連』と呼ばれて
    いたが、『ロシア』の当時の正式名称は、『ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国』。

    25年ほど前までは、『ソ連の言葉は、ソ連語ですか?』と度々言われたものが、日本から最も
    近い隣国は、ロシアなのにも関わらず、この程度の相互理解とは、何ともお粗末な限り。
    北海道からも肉眼でもハッキリと見えるのは、ロシアだけであり、韓国は、日本からは、肉眼
    では見る事は出来ない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    東日本大震災で救援活動『トモダチ作戦』に従事したアメリカ海軍の兵士らが、
    福島第一原子力発電所の事故が原因で被ばくしたとして、東京電力に損害賠償
    などを求めている問題で、カリフォルニア州サンディエゴの連邦地裁は2014年
    10月28日、訴えを退けるよう求めた東電の主張を認めず、訴訟を継続する
    判断を示した。 訴訟は日本ではなく、同州の裁判所で行うことも認められた。

    2012122701
    アメリカ海軍の原子力空母『ロナルド・レーガン』がやって来たのは、福島から
    かなり離れた宮城県の南三陸町と女川町なのだが、どちらも、その空間線量は、
    0.05~0.10ミリマイクロシーベルト程度しかなかったため、そもそも、空母の
    燃料である原子力はどうなんだ? という疑いがあると思います。

    アメリカ人は、何もかも大袈裟に言い触らすため、そもそも信用出来ない。
    米軍は、その後、福島第一原発から約80キロ程離れた、仙台空港を基地として
    活動をしたが、仙台空港付近で誰かが被曝をしたという話は、一切聞いた事
    すらない。

    『トモダチ作戦で被ばく』米兵による東電訴訟の継続、連邦地裁が認める

    トモダチ作戦では、アメリカ海軍の原子力空母『ロナルド・レーガン』に
    乗船していた約5,000人の水兵たちが、東北地方沿岸の海域で被災者の捜索や
    救援物資の輸送など、約80日間にわたる救援活動を行った。 しかし、東電が
    アメリカ軍に、福島第一原発の事故で放出された放射性物質の降下範囲などを
    正しく伝えなかったとして、ロナルド・レーガンの乗組員8人が2012年12月、
    東電に対して総額1億1000万ドル(約94億円)の損害賠償などを求める訴訟を
    起こした。 レーガンは現在、アメリカ西海岸のサンディエゴを母港として
    いる。

    ところが連邦地裁は2013年11月26日、この訴えを退けた。訴訟では『東電が
    日本政府の了解をとった上でアメリカに嘘の情報を提供したか』が争われ
    たが、これが同裁判所の権限を超えたと判断されたためだ。そのため、
    原告の弁護士は『今後、日本政府との共謀を主張せずに東電を訴える』と
    述べていた。

    そして2014年2月6日、原告団は提訴内容を変更した新たな訴訟を起こした。
    損害賠償の金額を未特定額に変更したのほか、健康診断や治療を行うための
    10億ドル(約1090億円)規模の基金の設立などが追加された。

    その後、救援活動に参加したほかの兵士や家族も加わり、原告の数は約200人
    まで増加。さらに、東電だけでなく原発メーカーの東芝やGEなども被告の
    対象に含めることも追加で求めている。

    東電は日本の裁判所で審理を行うべきだと主張したが、ジャニス・
    サマルティーノ判事はこれを退けた。『日本の裁判所での審理は適切な
    選択肢だ』としながらも原告の健康上の理由からアメリカで行うことが
    合理的と判断したためだ。

    また、『原子炉の破壊と放射性物質の放出は、企業の過失によって起こった
    もので、地震や津波によるものではない』とされ、さらに、東電が現在、
    福島第一原発の周辺住民に対しても被ばくに関する同様の責任を負っている
    ことから、原告の主張を却下するよう求める東電側の主張も退けた。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    都バスの深夜運転が2014年11月1日で終了した。 世界の主要都市では、24時間体制で
    深夜バスが運行されているのだが、東京の場合、この路線以外に、一切何の交通機関にも
    接続出来なかった事が、廃止の最大の理由となっている。

    東京は、世界最大の都市圏となっているため、上手くやれば、深夜バスの運行は必ず
    根付いた筈。 それでも、利用客が伸びなかったのは、六本木から、渋谷に行けたとしても、
    朝の4時半過ぎまでは、山手線でさえ運転をしていないため。
    647066736a72
    渋谷から横浜方面へは、24時間体制とは言わなくても、深夜運行バスが運転されているが、
    タクシーよりは、かなり割安とは言え、その運賃は、非常に高い。 横浜の市バスも、
    最終バスは、午後11時前後と非常に早いが、横浜駅前は、深夜3時頃でも普通に人が歩いて
    いるため、30分~1時間間隔でも良いので、深夜にバスを運転すれば、需要はある筈。

    世界で最も住みやすい町としても有名な、ウィーンとトロントでは、市内の交通は、定期券
    だけで、全ての交通機関に乗車出来るため、交通費がかなり安くなっており、深夜運行バス
    にも、その定期券が使える。

    日本では、何もかもが利益優先となっており、こういう公共性のある交通事業には、一切
    投資しないのだが、それは、単に、建設業界が儲からないから邪魔をしているためなのでは。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    常磐線の特急の名称に『ときわ』が復活。 以前、常磐線経由で、上野~仙台間を
    結んでいたのが急行『ときわ』。 東北新幹線開業後は、大幅にその本数が減らされて、
    上野駅へ東北新幹線が乗り入れた際に全廃。 常磐線の優等列車は、それ以来、
    『ひたち』のみだった。
    22001974024
    その後、この『ひたち』には、『スーパーひたち』と『フレッシュひたち』が追加となったのだが、
    仙台まで1日4往復していたのは、『スーパーひたち』。 2011年の3月14日のダイヤ
    改正では、この『スーパーひたち』がいわき駅で2つに完全に分離され、南側を
    『スーパーひたち』、北側の愛称が決まらないまま、津波災害と原発事故を迎えてしまった
    ため、結局、仙台~いわき間での新名称での特急の運行は一度たりとも行われていない。
    hqdefault
    常磐線の仙台~いわき間では、福島第二原発のすぐ隣りを通過するため、原発が非常に
    良く見えるのだが、事故を起こした、福島第一原発の場合は、車窓からも見えるものの、
    若干遠い場所にあるため、余り見る事は出来なかった。 個人的に、仙台~いわき間の
    特急の名称が『ときわ』だと思っていたのだが、これ以外で、常磐線を走っていた優等列車は、
    『みちのく』と『ゆうづる』しかないため、将来的に、常磐線が全線で再開をした際には、
    このどちらかの名称になるかも知れない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    『仕事ができない人』の共通点は、そもそもの情報感度が低い。 現代の情報社会は、
    ウソまみれなのだが、そのウソを見抜けていないところが、かなり痛い。 自分自身が
    何なのか、良く分かっておらず、今更、自分探しをしている困ったちゃんも居るが、自分が
    何なのか分からなければ、当然他人の事も分からない訳で、何もかも分からないという、
    無責任極まりない人間が、社会で猛威を奮っている。
    3kG0RG
    しかも、その分からない人間に限って、あれやこれやと無責任な口出しだけはして
    来るため、手に負えない。 そもそも、情報感度が低い人間は、周囲を見てはおらず、
    新しい情報を知ろうともしていないため、自分の立ち位置が分かってはいない。
    自分の立ち位置が分からなければ、これから何をすべきなのか、何を考えれば良いのか
    すら分からない訳で、そのような人達は、暗中模索どころか、逆に他人を攻撃する事で
    自己を正当化し、いちいち他人の足を引っ張ってくれるため、むしろ、社会のお荷物と
    化している。

    このような人間にならないためには、常に自分の頭を使って、新しい情報を仕入れ、
    何か新しい事をするための英気を養いましょう。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    震災復興のための宮城県内の有期臨時職員の時給は、概ね、どこの市町村でも、最低賃金
    ギリギリの740円前後なのだが、それを尻目に、宮城県が退職職員に公費で金杯を贈っていた。

    バブルに酔いしれている時代であれば、特に反対もしないのだが、津波災害により、約1万人
    以上も死者を出した宮城県でこの有様とは情けない。 この行政と一般市民の感覚とのズレは、
    如何ともし難く、東日本大震災の最大の被災地である石巻では、市長が、市内にある避難所を
    訪れた際に、なけなしのコーヒーを出して貰ったにも関わらず、『こんなもの飲めない』と拒否。
    5bd0e69036
    それと時を同じくして、石巻市内にある消防団では、外の地獄絵図など全くお構いなしで、連日、
    飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎが繰り広げられていた。 すぐお隣の山形の女性県知事などは、
    被災地を訪れる際に、『毛皮のコートでなければ行かない』などと、駄々をごねる始末。

    同じく、被災地である筈の仙台市長に至っては、自身が、災害時に、さほど役に立たなかった
    事など、全て棚上げして、パンダを招致するなどと、絵空事を述べ、県民から軽蔑された。
    その後、このパンダ騒動は、収束したのだが、政令指定都市の中で、最も職員の給与が高い
    仙台市は、世間の好景気を鑑みて、2015年度から、職員の給与の値上げを実施した。

    但し、復興関連の有期雇用社員たちの給与は、ほぼ上がらなかったのだが、最低賃金の
    見直しにより、数円程度上がったのみ。 これで、被災地では職員が足りませんと言われても、
    自業自得というものなのでは。
    aassssseez
    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    『瓦礫は金になる』 この情報を聞きつけたヤクザが、被災後の宮城県内には
    多数押し寄せた。 現場での作業は、全て無償のボランティアに丸投げし、
    実際は、彼らに報酬を支払った事にして、国や市から多額の委託費を貰った。

    これは、原発内での作業においても、全く同じ事を言う事が出来、何重にも
    連なる、中間搾取業者、いわゆる、派遣会社が、何社も間に入って来るため、
    実際に原発内で作業をしている人たちは、かなりの低報酬で今でも働かされている。
    実際に、被害を被るのは、『自分たちの地元を何とかしたい』と強く思っている
    人たち。

    c0139575_0403338

    このような体たらくを許したのは、長らく政界に与党として君臨し続けている
    自民党であり、『新しい働き方』の成れの果てが、このような雇用形態。
    右肩上がりばかりを突き詰めると、このような社会的な『歪み』があちこちで
    発生し、それをそのまま長年に渡って放置し続けたのが、現在の日本社会。

    『昔取った杵柄』は、現在の日本社会では、一切通用しない。 40代後半以降の
    年代は、バブル世代であるため、現在の日本の状況を一切把握していないばかり
    ではなく、一々大昔の昔話ばかりをして来るため、むしろ、邪魔でしかない。

    そもそも、30代、40代が国を支えられない国は、既に終っている。 老害、
    並びに、所得・年代格差、情報規制により、この国は、既に脳死している。
    無意味な商業主義を貫き通している現在の資本主義を続ける限り、この状態は、
    決して好転しないと思う。 努力をしている振りをして、逆に社会のお荷物に
    なっている人間こそ、派遣社員や、アルバイトの身分で十分なのでは。



    この動画に出てくる、元ヤクザの聖職者の話なのだが、『洗礼を受けた事により、
    過去の自分は死に、新しく生まれ変わった自分になれる』としているが、
    それでは、その過去において、その人に殺されたり、暴力を振るわれた人は、
    どうなるのか?と問いたいところ。

    洗礼を受けただけで、過去が綺麗さっぱりなくなるのではなく、むしろ、
    これまでに自分が犯して来た罪を重く受け止め、悔い改めた後、それを一生
    背負って生きて行くべきなのでは。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    今回は、仙台が、どうして、宮城県という名前になったかについて、お話しようと
    思います。
     
    時は遡り幕末の京。 仙台藩は、鳥羽伏見の戦いで、理不尽な条件ばかりを飲まされ
    そうになった会津藩をかばい、当初は、薩長に会津藩を許してくれるようにと懇願
    しますが、全く受け入れられず、逆に仙台藩が責任を持って、会津を倒すようにと
    命じられます。 その後、福島で長州の責任者と再度会談を試みるものの、ここで、
    かなり屈辱的な事を言わる事となったため、その大使を殺害してしまいます。
    これが、戊辰戦争の始まりです。
     
    この時に、米沢藩と共に、他の奥州列藩軍を率いたのが、奥州最大の藩であった
    仙台藩。 白河城を奪われたところから、続々と退却を余儀なくされた奥州列藩軍
    ですが、いよいよもって、仙台藩の砦である白石城も落城し、最終的には、
    仙台城は落城しなかったものの、仙台藩は、薩長軍に降伏を余儀なくされます。

    仙台藩は、自分が力尽きる最後の最後まで、会津を裏切りませんでしたが、会津の
    味方をしただけで、特に何も悪い事をしなかったのにも関わらず、その後に
    課せられた罪は、会津藩以上でした。 当時の仙台は、繁栄を極め、ここよりも
    大きい町は、その当時、江戸・京・大阪・名古屋・金沢だけでしたが、その後、
    大逆賊の汚名を着させられて、没落する事となります。

    04 

    伊達家一の家臣である白石の片倉家は、領地が全て没収となったため、伊達家には
    迷惑を掛けられないという理由で、全員で率先して、当時何もなかった札幌の
    開拓へと行きます。 現在の札幌市白石区は、この当時の名残で、北海道弁は、
    仙台弁の南側の方言である仙南弁が完全にベースになって変形したもの。

    仙台伊達家は、わざと開拓しても無駄な白老の開拓に行かされ、亘理伊達家は、
    伊達市の開拓に、岩出山伊達家は当別の開拓に行く事となります。
     
    その後、廃藩置県が進められたのですが、仙台藩の元々の領地は、現在の宮城県
    全てと、岩手県の南3分の1だったのにも関わらず、『今後仙台が二度と発展しない
    ように』との戒めを込めて、北半分を『水沢県(正確には、涌谷県、登米県、
    一関県と目まぐるしく名前が変更)』として分離、南側は、一時期だけ『仙台県』
    として存在しましたが、仙台は戊辰戦争を率いた大逆賊として扱われたため、
    その名称を使う事だけは許されず、他の名前を付ける事となりました。 これは、
    現在の被災地である、岩手、福島も同様の扱いでした。



    水沢県は、その後、南北に分割され、北側は、盛岡へと割譲、岩手県となりました。
    岩手県の南3分の1では、今でも仙台弁が話されていますが、それは、この時の名残。
    岩手県の陸前高田市が、わざわざ仙台の旧国名である『陸前』と付けているのは、
    市の名前を持ってして、盛岡とは違うと言っているため。 その後、水沢県の
    南半分は、元の仙台へと吸収され、仙台市がある『宮城野』の名前を取って、
    宮城県となりました。
     
    仙台人は、基本的に、『宮城』とは余り言いたがりませんが、それは、『仙台』
    という単語が、今の岩手県の南側も含むため。 学区制を敷いていた当時は、
    『仙台』『東北』と付くと、男子校、『宮城』と付くと、女子高という規則が
    ありました。 よって、仙台人は、今でも、『宮城』と聞くと、女を連想します。
     
    戊辰戦争での大敗を期に、結果的に福島は、東電の植民地と化しますが、宮城は、
    軍事基地にされました。 宮城県内の自衛隊が、かなり大規模なのは、帝国陸軍
    第二師団だったため。

    【お勧めの一品】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ