東京通詞 ~多言語のススメ~

世界各国のニュースを知る事により、多言語、多文化
共生社会を目指します。
日本ではなかなか伝えない世界各地の真実を伝えます。

世界80言語対応の多言語翻訳『東京通詞』を運営しています。 お見積もりはお気軽に『お問い合わせ』からお願い致します (^-^)b



    ブログランキングに参加していますので、クリックをお願いします!
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    私の実家は、11年前の宮城県連続地震の際に、周辺地域全てが倒壊し、震度6強
    連続4回という史上最大の被災地だったのにも関わらず、被災地指定を外され、
    ボランティアがやって来たのは、ものの数ヶ月程度。 人口が少ないという安易な
    理由により、被災地指定を外されたため、当然、義捐金は一切届きませんでした。
    周りの全ての家屋が倒壊しても、結局は、倒壊家屋の件数だけで判断されてしまうため、
    団体様でなければ、日本では、被災も出来ません。

    すぐ近所の小学校には、2年間だけ、仮設住宅がありましたが、丸2年間で強制的に
    撤去されたため、家の再建が出来なかった人たちは、皆町から出て行きました。
    私の実家にも『倒壊判定』の赤紙が張られましたが、私の母親は、避難所には一切
    行かず、自宅で過ごしました。 避難所に行くと、食事が貰えたのですが、それすら
    貰いませんでした。

    その後の余震は、半年以上も続いたため、常に家屋が倒壊する危険性がありましたが、
    そのまま家に残りました。 災害時に、被災地指定から外されると、どうなるかと言うと、
    倒壊家屋の瓦礫処理が、全て自腹となります。 よって、私達の場合は、瓦礫処理代
    として、1件につき、60万~200万円程度それぞれ支払いました。

    10710911_951586408192114_7851614862033733726_n

    近所の神社とお寺も倒壊したため、檀家代として、5年間、毎年5万円づつの寄付を
    取られました。 小学校と中学校に対しても、寄付を取られましたが、その見返りとして
    貰ったものは、タオル1枚だけ。 その時に、すぐ隣の石巻は、全く無事でした。

    大規模な地震が連続であった割には、死者は1人も出なかったため、その後は、全て
    忘れ去られました。 大量に死者を出して、4年半以上経過しても、未だ忘れられないのと、
    家が無くなっても、ものの数ヶ月間だけで忘れ去られるのとでは、どちらがましなのかと、
    常々考えていますが、石巻の人たちに、この事を言っても、殆ど覚えてはいないため、
    如何に人事としてこちらの災害を捉えていたかが良く分かります。

    東松島と松島は、この時にこちらと一緒に被災したため、当時の状況を良く覚えて
    いるのですが、こちら側と石巻との関係が完全に溝になっているのを知っているのは、
    地元以外の人間では居ないと思います。 石巻の人たちは、自分たちが一番不幸だと
    常々言っていますが、それでは、完全に見捨てられた我々はどうなるのかと、
    言い返してやると、何も答えられないのは何故。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ロシアのみならず、世界では、ロシアのプーチン大統領の人気が衰えないが、
    その理由は、類まれなるその指導力と、決して屈服しないという強い精神力を
    兼ね備えているからなのではないだろうか。

    日本では、これまでにも、海外への資金流出が続いてきたが、このまま資本流出を
    指をくわえて見ているだけではなく、早急に流出止めるべきところだが、そのような
    骨のある政治家が日本には、全く存在しないため、このまま、なし崩し的に、
    アメリカの後を追うばかりで、他に一切何の手立てすらないのが現状。

    putin043

    金持ちのために、マイナスになるような事をすると、叩かれるのは、結局は、
    日本も世界も同じと言うこと。 ユダヤ系の金融資本に操られている、現在の
    オバマ氏も、直接手を下しているという意味では、同罪。 アメリカでは、この
    ユダヤ金融資本に逆らうと、ケネディー氏のように抹殺されてしまうため、何の
    影響力もない無難な操り人形を大統領に据えておくのが得策なのか?

    出典:日本が見習うべきはロシア
    前回の記事で、政府が推進する「クールジャパン」が、実は単なるユダヤ金融資本のための儲け話に過ぎなかったということを書きました。要するに、日本はお金だけをユダヤ人に吸い取られているだけでなく、文化までもユダヤ人に乗っ取られてしまったということです。
     
    ○クールジャパンの正体。やはりそれはユダヤ金融資本のための儲け話だった。
     
    さらに……悲しいかな。あれだけ反発の大きかった郵政民営化も、未だに水面下では着々と計画が進んでおり、日本郵政の株式が2015年には上場される予定となっています。それどころか、傘下にある「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命保険」の金融2社を同時上場するらしいです。さらには、あれだけ反発された「かんぽの宿」売却まで進める予定だとも。呆れ返ってものも言えません。
     
    ○日本郵政、2金融子会社と“異例の”同時上場狙う理由〜厳しい本業、かんぽの宿売却も加速
     
    これで日本の何百兆もの富がまたしても海外に流れることになり、日本はますます貧しくなります。日本国に流通するお金が減るるので、経済はさらに疲弊し、誰もものを買わなくなり、企業は次々と倒産していくでしょう。最初にそのあおりを食うのが中小企業ですが、大企業もいずれはバタバタと倒れはじめるかも知れません。そうしておいて、ユダヤ人たちは日本とは違う国(例えば中国とか、他の新興国家)を食い物にしていくつもりなのでしょうか。
     
    まあ、そんな先のことまでは私には分かりませんが、アメリカそのものが既に崩壊寸前なので、アメリカに寄生したユダヤ人たちがそのときまで生き残れていられるかどうかは疑問です。ただし、2015年まであと一年しかないので、その際に郵政のお金が吸い尽くされたならば、日本経済の打撃はかなり大きいでしょう。最初のうちはその痛みを余り感じないかも知れませんが、時間が経つに連れて、じわじわとその効き目が現れてくることでしょう。
     
    しかし、このようにユダヤ金融資本の犠牲になった国というのは、なにも日本だけではなく、お隣の国・韓国も同じです。1997年にIMF(=アメリカ)は「韓国経済の救済」という名のもと、韓国を実質的に支配し、好きなだけ韓国の経済を吸い尽くしてきました。お陰で、韓国ではそれから自殺者が急増したそうです。そして、今でも相変わらず韓国経済は救済されるどころか、相変わらず没落の一途を辿っています。それを日本のネトウヨの皆さんは笑い者にしていますが、日本も人のことを笑っていられる場合ではなくなるかも知れません。
     
    しかし、同じくユダヤ人に生き血を吸われながらも、見事に反撃をしている国があります。それがロシアです。プーチンが大統領になって以来、彼は次々とロシアの市場を食い物にしてきたユダヤ金融資本を叩きのめし、徹底的に排除してきたのです。そのため、ユダヤ人たちはプーチンを敵視し、ウクライナ危機をでっち上げ、プーチンを悪者に仕立て上げて、メディアを通してプーチン=悪者というイメージを拡散してきました。
     
    しかし、そんなユダヤ人の画策もものの見事に失敗し、ロシアでのプーチンの支持率はなんと80%にも達成。日本でもネット住民のほとんどがテレビ・新聞の垂れ流す報道に騙されることなく、プーチンを支持している模様です。
     
    プーチンのユダヤ金融資本に対する反撃は今のところ成功しています。アメリカに寄生したユダヤ金融資本家たちはもう財力も尽き、プーチンに対して大して打撃を加えることができないようです。今後もプーチンが引き続き彼らの退治に成功してくれることを願うばかりです。
     
    ○ロシア 金貸しによる人工国家からの脱却・プーチンの闘い
     
    ロシアがこのような快進撃を続ける一方で、日本の安倍政権は相変わらずアメリカ様のおとなしい飼い犬となり、ユダヤ人たちに尻尾を振りまくっています。竹中平蔵という史上またとない売国奴が未だに何食わぬ顔をしてテレビで大口を叩き、産業競争力会議なるものを取り仕切って、ユダヤ様たちに日本のお金を次々と差し出している、という体たらくぶりです。
     
    この状況を覆してくれるような人物は今後、この日本から現れてくれるのでしょうか。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    常磐自動車道が、いよいよ全線開業します。 ここで問題になるのが、事故を起こした、
    福島第一原発の真横を通過するという事。 ついでに言うと、福島第二原発のすぐそばも
    通過します。 先日の国道6号線の全線再開に続き、今回の常磐道の全線開業は、
    福島第一原発の事故を完全無効化にするための、国策なのではとすら思える程。
    12月9日に、福島第一原発から最寄の浪江~常磐富岡間を除いて、先行開業し、
    来年のGW前までに、原発すぐそばの浪江~常磐富岡間が開業するとか。



    これにより、東京⇔仙台は、東北道に続いて、この常磐道でも行き来出来るように
    なるのだが、下手をすると、高速バスも、こちらの常磐道を通ってしまう可能性が出て来て
    しまうため、よくよく確かめないと、期せずして、福島第一原発の真横を通過する事と
    なります。 距離にすると、東北道よりも常磐道の方が、若干遠くなるのだが、常磐道の方が
    平坦なため、むしろ、こちらがメインルートになってしまう可能性もあり。 溶鉱炉が
    4つも水蒸気爆発(その内1つは、プルサーマル炉)した原発のすぐそばを、世界で初めて、
    高速道路が開業するというのは、正気の沙汰ではありません。 このままでは、
    原発事故は、なかった事にされてしまいます。 ポジティブバカとは、こういう事も
    仕出かしてくれるんですかね。

    10001537_953596711324417_5351604975628171540_n

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    東北女川原発周辺は、多い時には、大体1日に300回以上も地震が発生する
    地域であるため、震度4強ぐらいまでであれば、住民の間でも、地震の話題は、
    むしろ出て来ない事が多い。

    女川原発も、福島と同様に原発事故が起きる寸前まで行っているのだが、この原発が
    あるせいなのかは分からないが、津波での死亡者の数で見ると、住民の10人に1人
    以上が死亡した女川が最大の被災地であるという事実は、関東のテレビでは一切
    触れられなかった。

    10270303_850211091662980_7860559766973771084_n

    女川の町自体が、津波で完全に消滅し、原発だけが残ったため、3ヶ月以上にも
    渡り、原発内の体育館に最大で364名の地域住民が避難所を強いられていた
    事実は、当然の事ながら、関東では一切報じられなかった。



    東北にある7つ(建設中を含む)の原発のうち、東北電力の施設は、この女川
    原発と、青森の東通原発のみで、残りは、全て関東へ送電をするためだけの
    原発となっている。

    尚、この女川原発付近での放射線量は、概ね、0.05ミリマイクロシーベルト
    前後であるため、『女川原発から放射能が漏れている』という話は完全にデマ。

    現在、女川原発の放射能測定施設は、津波で全て破壊されているため、
    約70キロ離れた仙台市宮城野区で測定を行っている。



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    女川原発原子力保安委員会の建物だった施設。 JR石巻線の女川駅前にあった
    施設だが、東日本大震災により発生した津波で、ことごとく破壊されたため、被災後、
    真っ先に取り壊されて、瓦礫として処理された。 女川原発からは、直線距離で、
    7.5キロ、但し、実際は、山道を曲がりくねって進まなければならないため、女川の町
    から原発までは、実際には18キロ離れている。

    10250205_850225968328159_5271151427713130697_n

    女川原発の避難区域は、東日本大震災で被災するまでは、5キロ圏内のみだったため、
    もし、女川原発でも事故が起きていたならば、地域住民は、福島と同じく、完全に
    見殺しにされたと言える。

    尚、女川に到達した津波の高さは、遡上高で約43メートルで、津波浸水高では、約25
    メートル。 東日本大震災で発生した津波の高さでは、女川が最大の高さとなっている。

    津波被害に関して女川は、福島の比などではなく、この画像を見て、原発を再稼動と
    言える人は、単なる金の亡者にしか過ぎず。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    Я не верю в компьютере, а я верю в людей. У меня много друзей
    в виртуальном мире, но я чувствую одиночество в реальной жизни.
    Легко быть в толпе, но это не всегда правильно. Почти целый день
    мотрю только экран, но не смотрю в глаза. Очень удобно пользоваться
    компьютером и айфоном, но это похоже на то, что быть в пустыне.
    Этот цифровой мир может быть мешает реальной жизни и быть
    настоящим другом.



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    東日本大震災は、30年以内に99%の確立で起こるとかなり以前から、東北大学が
    予想しており、その予測から、丁度30年目ぐらいで発生した災害。 よって、予想
    されていた大地震、特に、津波に対する備えを怠った東電と福島県の責任は大きく、
    明らかに人災による災害と言える。



    女川原発付近は、世界有数の地震の群発地域であり、12年前に、『宮城県連続地震』
    と呼ばれる震度6強連続3回の直下型地震をここから、約30キロ離れた場所で既に
    経験しているのだが、その際にも、その周囲の建物は、ほぼ全て崩れ去ったが、
    東北大学の話では、それは予想されている大地震ではなく、この先も大地震が起きる
    可能性が高いと言っていた。 よって、『東日本大震災』が、予想されていた大災害で
    ある事は、この周辺では、かなり常識の範囲内となる。

    女川原発が完成したのは、約30年ほど前だが、その当時は、地域住民の反対が根強く、
    その時の地域住民への説明は、『福島第一原発は、東電の施設で、東北電力とは
    全く関係がないため、宮城県内に原発を建設して、福島にも電力を供給しなければ
    ならない』という内容だった。 尚、当時は、福島第二原発は、まだなかった。

    I0003

    女川の場合は、震源地からの最寄地点で、津波が比較的低かった福島とは異なり、
    遡上高で最大43メートル(東日本大震災で最大の高さの津波を観測)、津波自体の
    高さも約25メートルを超えていたが、それでも、女川原発が津波で破壊されなかったのは、
    原発の位置が福島よりも15メートル程高かったのと、約30年を掛けて大地震に対する
    準備をしていたため。 東北電力の事前予測では、この地に到達する津波の高さは、
    最大で13.8メートルとされ、女川原発の防波堤の高さは、15.8メートルとする事が
    決定された。 福島第一原発の場合は、元々は、山がちな地形だったのだが、
    原発を建設するために、わざわざ山を切り崩して低い場所に原発を建設したもの。

    女川の町の破壊度合いは、他の周辺地域よりも凄まじく、住民の10人に1人以上が津波で
    死亡したため、住民の死亡者率で見ると、最大の被災地なのだが、この原発があるために、
    テレビではそこの事を一切言わなかった。 町自体が津波で全て破壊されたため、
    その後は、原発が地域住民の避難所となり、3ヶ月以上も最大で364名が原発内の
    体育館に避難をしていたが、その後、4月7日に起きた余震により、非常用電源回路
    5本の内、4本までが消失した事実は、大手メディアでは、公にされてはいない。



    更に、女川原発の場合は、被災前まで避難区域が半径5キロ以内のみであったため、
    例え、全ての電源が消失しようとも、5キロ圏外の地域には、避難の義務がなかった
    のだが、被災後に、取って付けたように、避難区域が30キロ圏内にまで拡大された。

    町の一部が女川原発から30キロ圏内に入る美里町は、町をあげて女川原発の再稼動に
    反対をしているが、それに伴い、町の主要設備の電力購入先を女川原発を所有している
    東北電力から他の電力供給会社に既に変更している。



    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2014年に中村修二さんが、ノーベル賞を受賞したが、実は、現在は、アメリカ在住で、
    しかも、アメリカ国籍である事が判明し、更には、過去に働いていた日本企業との間で
    泥沼の和解問題が取り沙汰されているため、日本国民としては、この感動の受賞劇を
    手放しでは喜べない状況となっている。

    AS2014121100

    元々、中村さんの発明に関しては、当時もかなり評価が高かったらしいのだが、
    中村さんが当時務めていた企業が、中村さんに対して支払った金額は、たったの
    2万円だったのだとか。 当時行われた裁判も、その点を加味して、相当額の
    支払いを中村さん側に支払うように命じたのだが、中村さんは、裁判所が提示した
    賠償金額よりも、大幅に低い金額で企業側と和解し、そのままアメリカへと去って
    行った。

    今回のこの受賞劇の背景にあるものとしては、日本は、他人と違う事をしては
    ダメな国であるため、何か他人とは、異なる事をやりたければ、外国へ行って
    下さいという暗黙の了解が働いているように思える。 そう感じない人の場合は、
    自分が他人の足を引っ張っていないかどうかをもっと意識すべき。 自分が上に
    上がれないのは、努力が足りないためでり、それを逆恨みして、逆に、他人の
    足を引っ張るのは、卑しい人間がする事だと思う。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    『ポジティブバカ』は、マイナスな事柄を真っ向全否定して生きているため、マイナス面を
    一切受け入れません。 よって、すぐ目の前で、他人が苦しんでいようが、自分が幸せで
    あれば、関係ありません。 一見、前向きな人間にも見えますが、考え方が非常に
    薄っぺらいため、すぐにボロが出ます。 元々の考えか方が非常に暗く、それを可能な
    限り排除ようと、躍起になっているため、こうなったものと考える事も出来ます。

    一方の『ネガティブバカ』は、何に対しても、一々文句ばかりを言い、挙句の果てには、
    ありもしない妄想に取り付かれて、一切現実を見ようとはしません。 自分の努力が
    足りない事は完全に棚に上げて、他人の足を引っ張っては、それを自己主張だと
    思い込んでいます。

    どちらも、自分の考え方を否定されると、急に感情的になるのは、同じですが、
    『ポジティブバカ』の方が、苦言や、社会問題を否定的に捉えており、そういうところこそ、
    肯定すべきところを、逆に否定しているため、より有害度合いが高いのは、
    『ポジティブバカ』です。 『ネガティブバカ』は、自分の考え方が受け入れられない場合
    には、行動がますますエスカレートして行くため、どちらも、相手にしないのが、賢い
    生き方かも知れません。

    『ネガティブバカ』は、議論にもある程度対応出来ますが、『ポジティブバカ』は、その知識
    すらないので、何も言い返す事すら出来ません。 どちらも、白か黒かだけで生きて
    いるため、両者の妥協案はありません。 

    10388083_951548994862522_6896065788548125260_n

    >>クリックをお願いします☆



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    アメリカとヨーロッパは、ウクライナ政府によるドンバスでの自国民の殺戮を完全に
    隠している。 日本で『親ロ派』と呼ばれているのは、実は、ウクライナ国内に住んで
    いるロシア系住民の事。 極々一部は、確かに武装しているのだが、その他は、
    単なる一般市民、旧ソ連の時代は、ウクライナ人を支配する、支配者層であった
    人達を指している。

    ウクライナ内戦による死者数は、つい最近まで、死者2,200名と言っていたのだが、
    あっという間に2,500名を超えた。 これまで、ご都合主義のアメリカのメディアは、
    この事実は、完全に隠していたのだが、アメリカメディアもようやくウクライナ東部
    地域での惨状を報道し始めたのか?



    1990年代、アメリカを中心とするNATO軍は、コソボの独立を認めないとして、
    旧ユーゴスラビアの中心国だったセルビアの首都ベオグラードを空爆したが、
    コソボの独立を認めなかったセルビアのミロシェビッチとクリミアの独立を認めていない
    ウクライナのポロシェンコの具体的な違いは何なんでしょうか? コソボの独立を
    認めずに空爆されたセルビアと、クリミアの分離独立とウクライナの連邦制以降を
    一切認めずに、『悲劇の国』扱いのままのウクライナの具体的な違いは、アメリカが、
    どちらの国の見方をしたかだけの差だと思う。

    マレーシア航空機撃墜に関しても、アメリカ側は、ロシア側からの再三の要求に
    対して、何一つ具体的な回答は行わなかった。 この時点で、アメリカがウクライナに
    政治的に関与していたことが裏付けられると思われるのだが、日本のメディアは、
    こぞって、クリミアに関す情報にアメリカの湾曲した情報を織り交ぜてくるため、
    始末に負えない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本を2等国、3等国に貶めているのは、財閥の集まりである経団連であり、政府から
    税制優遇を受けている割には、積極的に派遣社員ばかりを雇用し、逆に、正社員は
    雇用せず、派遣社員は、用がなくなれば、即契約打ち切り。

    最近は、『派遣切り』という言葉が全く聞こえなくなったが、それは、6ヶ月更新の
    契約を、ほぼ全て3ヶ月契約のみに切り替えたため、1ヶ月前に派遣会社に通達を
    すれば、気軽にいつでも人材を切捨てられるようになったのが原因。

    その浮いたお金は、全て役員や正社員の懐へと入る仕組みとなっており、派遣
    社員は、単なる奴隷で、正社員は、その支配者というような立場が明確化され
    ている。 まともな資本の分配を行わず、儲けるだけ儲けた後は、知らんぷり。

    増税等のマイナス分は、全て零細企業に丸投げし、企業内の内部留保は、年々増大を
    続け、大企業が儲かれば儲かる程、国民は貧乏になると言うシステムが出来上がって
    いる。 この仕組みを変えるためには、富裕層が、自分たちの身を削るしかないが、
    そういう人間に限って、絶対に貧困層を顧ようとはしないため、逆に、自分たちの
    味方をしてくれる政治家へ政治献金をし、自らの地位を更に固めようとしています。

    d0202960_1845937

    2014年の4月に増税された3%分とほぼ同額が、来年度から大企業への税制優遇
    として還元されます。 資金は、常に上の方でばかり奪い合いをしているため、
    下々の生活が楽になる事は、今後もない。 よって、今の日本に必要なのは、
    財閥解体です。 個人が頑張れない社会に、未来はありません。

    国家公務員の数を比較すると、日本は、先進国中、ブッチギリの最下位で、国が
    如何に機能していないのかが、良く分かる。 失業した際の手当ても最悪レベルで、
    今の日本では、まともな転職は夢のまた夢。 会社を辞めた途端、極貧の生活、
    または、自殺ぐらいしか選択肢がない。

    【お勧めの一冊】


    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ウクライナ危機の原因は、欧米諸国が、ウクライナをNATO側へ引き寄せようとした
    事だが、そもそも、ウクライナは、ロシアにとって、地政学的に非常に重要な国で
    ある事を忘れてはならない。 ロシアとウクライナの関係は、日本で言うところの、
    東京と京都のようなもの。 日本は、カミカゼが吹いて蒙古襲来を避ける事が出来
    たが、ロシアやウクライナは、この蒙古軍に攻め滅ぼされたため、その後、独立を
    回復するまでに、約240年もの間、モンゴル・タタールの軛が続いた。

    ロシア、ウクライナ、ベラルーシのスラブ3国は、蒙古軍に攻め滅ぼされる前までは、
    ひとつの統一国家であり、同じルーシ人とされていた。 その後、約300年間モンゴルに
    支配されていた方が、大ロシア人である、現在のロシア人であり、小ロシア人が現在の
    ウクライナ人である。 ロシア人とウクライナ人は、長い間、モンゴルとポーランド
    という風に、長年に渡って支配者が異なったため、その後は異なる道を歩む事となる
    のだが、モスクワ公国が、同じ正教徒であるウクライナを手に入れた際に、ルーシの
    正当な後継者であるとして、『ルーシ国』という意味のロシアを名乗りだした際に、
    まず問題が起きた。

    ukraineethnic

    ウクライナは、元々、キエフ・ルーシの中心地であったため、本来、ロシアを名乗る
    べきなのは、ウクライナなのだが、国どころか、国名をもロシアに取られてしまったため、
    その恨みたるや、尋常ではないレベル。 よって、ソ連から独立後は、反ロシアに
    転じたため、事あるごとに、ロシアを批判していたのだが、近年では、批判を通り越して、
    単なる悪口のレベルにまで落ちぶれ果てていた。 そこをアメリカに付け込まれて、
    利用されてしまったというのが、最も冷静な見方。

    ウクライナは、単に欧米に利用されただけ、そして、ロシアは、それに応戦しただけ。
    ウクライナ内戦の直接の原因となったのは、クリミア半島だが、クリミアは、元々
    ロシアの領土であるため、ロシア系住民が非常に多く、以前は、支配される側であった
    ウクライナ人に支配される事を好まなかったため、住民投票を開いて、正式に
    ウクライナから独立したものであるが、アメリカは、欧州をも巻き込んで、その事実を
    ロシアのせいにし、今でもロシアに対して、経済制裁を続けている。

    ウクライナ危機の原因は、欧米のリベラルな妄想だ

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    2014年の『報道の自由度』指数、日本は59位に転落したことが話題となっている。

    日本は、2009年には17位、2010年には11位と世界でもトップクラスの自由度を
    誇っていたが、2011~2012年の22位からは、一気に奈落の底に沈んでいる。

    国際ジャーナリスト団体『国境なき記者団(本部パリ)』が12日公表した『報道の自由度』
    指数(世界180カ国・地域)では、日本は順位を前年の53位から59位に下げた。
    アジアの中では、台湾(50位)、韓国(57位)をも下回っている。

    20140730075800636

    これは、安倍政権が成立させた特定秘密保護法の問題が懸念されているためであり、
    日本は先進国の中で唯一『顕著な問題』のある国に転落したことも話題となっている。

    日本は、各国を5段階に分けた分類で、上から2番目の『満足できる状況』から、
    主要先進国で唯一、2番目の『顕著な問題』のある国に転落した。

    日本は、2013年12月に成立した特定秘密保護法により、『調査報道、公共の利益、
    情報源の秘匿が全て犠牲になる』とされ、前年の53位から59位に一気に順位を
    下げた。

    現在の安倍政権は、2012年12月末に発足したが、自民党に政権交代してから、
    一気に順位が後退したかたちとなる。


    『報道の自由度ランキング』は安倍政権の時に悪くなる 投稿者 suisinjya

    ここまでの話を総括すると、アベノミクスの実態は、何もかもウソという事になるのでは?
    このまま行くと、日本は、2年後ぐらいには、経済成長率でも、韓国を下回るらしい。

    安倍晋三首相の肝いり人事といわれるNHKの籾井勝人会長、百田尚樹経営委員の
    歴史認識をめぐる問題発言が相次ぎ、海外からは『NHKの独立性』に疑念を唱える声が
    上がっている。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログへ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    海外メディアが伝えているフクシマの津波の画像は、殆ど全てが、宮城県の
    画像ばかりで、東日本大震災で、深刻なダメージを受けた被災地は、宮城県の方
    である事を忘れてはなりません。 3年半ほど前までは、ドイツやフランスの
    メディアも毎日見ていたのだが、海外の報道は、余りにも偏っていたため、
    それ以来、基本的に、海外メディアを見るのを止めた。

    海外メディアでは、宮城県の津波災害の動画を平気で間違って使用している
    のにも関わらず、その深刻な被災度合の内容は、全くと言っても良いほど伝え
    なかったため、宮城県の被災状況を正確に把握している人間は、実は少ない。

    2014年10月11日、東日本大震災発生から43回目の月命日
     
    死者       行方不明
    宮城県 9,538人  1,258人
    岩手県 4,673人  1,132人
    福島県 1,611人  204人
    全国 15,889人    2,598人

    全国避難者数 24万3千人

    東北を忘れない。
    10437513_356108321229905_8589084716320468553_n
    10501688_356108387896565_476071578818179276_n
    1941568_356108571229880_6390696681789386798_o
    10289938_356108664563204_2867745664903819906_n

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
    にほんブログ村

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    アメリカ国家安全保障局 NSAの職員が『日常業務の一環』で傍受したヌード写真をみんなで
    回覧していた事が判明した。 現在、世界中に張り巡らされているインターネット環境は、全て
    アメリカを通して提供されており、世界各地にアメリカによる情報網が貼りめぐされているため、
    インターネットを使っている限りは、全ての情報が筒抜け。 アメリカを介さないネット網の
    構築を早急に進める必要性が浮き彫りにされた。
    4c263ef7.jpg


    『The Guardian』紙のインタヴューによると、エドワード・スノーデン氏は、NSA職員
    たちが『日常業務の一環』で傍受した一般人のヌード写真をみんなで回覧していた
    場面に『何度も遭遇』したという。 
    『The Guardian』紙は7月17日、モスクワのホテルで、米国家安全保障局(NSA)の

    内部告発者であるエドワード・スノーデンのインタヴューを行い、その様子を17分の
    動画にまとめて公開した。
     
    それによれば同氏は、NSAの職員が『日常業務の一環』で傍受したヌード写真を
    みんなで回覧していた場面に『何度も遭遇』したという。
     
    この取材の中で、スノーデン氏はさまざまな点について語っており、キューバにある
    米国の収容所グアンタナモ湾収容キャンプに自分が送られる可能性は常にあると
    述べた。 また、自身がロシアのスパイやエージェントだという説をきっぱりと否定し、
    そうした主張を『でたらめ』だと一蹴した。
     
    NSAは2013年9月、ジョージ・エラード監察官がチャック・グラスリー上院議員
    (共和党、アイオワ州選出)に宛てた書簡の中で、NSA職員が自分の恋人や配偶者
    などの通信を傍受していたことを認めたケースが少数あることを明らかにしている。

    『(NSAに)やって来るのは18~22歳くらいの若い人々だ』とスノーデン氏は言う。
    『彼らが突然、あなたの個人情報のすべてにアクセスできるという、とてつもなく
    大きな責任のあるポジションを与えられる。そして、彼らは日常業務の中で、どう
    見ても仕事とまったく関係のないものに出くわすことになる。たとえば、性的に親しい
    関係の人が撮影した、誰かの裸の写真などだ』
     
    魅力的な写真だった場合、『彼らは椅子を回転させ、同僚にそれを見せる。同僚は、
    わあ、これはすごい。ビルにも送れよと言う。ビルはジョージに送り、ジョージは
    トムに送る。そしてほどなく、この人物のすべての生活が、たくさんの職員に
    よって覗かれることになる』
     
    『こうした活動は決して報告されない。システム内部の監視は信じられないほど
    脆弱なため、誰もこうした活動について知ることがないのだ。あなたのプライベート
    画像、私生活の記録、恋人と過ごしているときの記録が、特定の人とあなたが
    やり取りした通信記録から抜き取られ、特に必要性がないのに政府に渡されて
    いるという事実は、それ自体が権利の侵害だ』
     
    『一緒に働く同僚にもよるが、こうしたことは日常的に行われている。監視する
    立場にいる人間ならではの特典だと考えられているのだ』
     
    NSAの女性広報担当者ヴァニー・ヴァインは、Arstechnicaに宛てた電子メールの
    中で次のように述べている。『NSAは、意図的な職権乱用や職業規範の違反を
    決して容認しておらず、不正行為に関する信憑性の高い報告があれば、適切に
    対処していく』
     
    ただしヴァイン氏は、スノーデン氏の主張がどの程度真実なのか、あるいは過去に
    そうした行為への関与によって懲戒免職などの処分を受けたNSAの職員が
    いるのかという質問には回答していない。

    >>トップページに戻る



    クリックをお願いします☆
    にほんブログ村 外国語ブログ 通訳・翻訳(英語以外)へ
    にほんブログ村



    このページのトップヘ